なよなよがダーツでAAフラを目指す

ダーツにはまりすぎて人生が変な軌道に乗りかけている人間のブログ。コミュ障+半フリーター。だめだこりゃ。

ぼっちが4か月でAフラになれた5つのポイント

ぼっち&へたくそでもAフラになれた

最近、Aフラの大台を超えました。

かかった期間は4か月。

一般的にみると少し早いのではないでしょうか。

 

私は別に最初から上手かったわけでも、才能があったわけでもありません。

練習する前は、女性にだって負けていたわけですから。

 

そんな私が4か月でAフラになることができた理由を嘘偽りなく書いていこうかと思います。

あくまで、一つの例としてご覧ください。

 

4か月でAフラになれた5つのポイント

私が4か月でAフラになることができたポイントは5つあります。

  1. とにかく毎日練習した。
  2. 道具を買い替えるわけでもなく、最初からずーと同じダーツを使い続けた。
  3. サイト、情報教材に頼らなかった。
  4. プロの試合動画をたくさん見た。
  5. ぼっちだった?

 

この5つ。

私の中ではこれがすべて。

詳しく書いていきますね。

 

とにかく毎日練習した

一番のポイントは毎日の練習にあると思います。

一日6時間投げていた!一日10時間投げていた!ということではありません。

 

私の一日の練習量は比較的少ないと思います。

2時間から3時間です。

(日によっては1時間未満の時も)

 

その代わり、コンスタントに練習を続けました。

毎日毎日です。この4か月間でダーツを一切投げなかったのは2日間くらい。

そのくらい、毎日少しづつ練習を続けてきました。

 

学生の身分ですから、1週間に外での練習が3回くらい、家練習が4回くらいでしたかね。

 

しかも、練習メニューはものすごく簡単。

これはまた別途記事にしたいと思いますが、厳しい練習をしていたわけではないです。

 

ただ、毎日続けた。

これが一番のポイントだと思っています。

 

道具を買い替えるわけでもなく、最初からずーと同じダーツを使い続けた。

これはポリシーかもしれませんが、道具はこの4か月間に一度も替えませんでした。

結果としてそれが4か月でAフラになることにもつながったのだと思います。

 

ダーツショップで、「初心者用のストレートバレルのダーツ下さい!」と言って買ったものを今でも大切に使っております。

フライト、シャフト(私は一体型を使用)、チップに至るまで同じものを買っていました。

 

道具のせいにしたくなかったのです。なんかカッコ悪くありません?

そういった意味ではストレートバレルはおススメです。

持ちにくい、飛ばしにくいのは完全に自分のせいですから・・・。

 

それに、新しいバレルを買うくらいなら、そのお金で練習をしたかったというのもあります。(貧乏ですって?ええ、その通りです(笑))

 

 

サイト、情報教材に頼らなかった。

いろんなサイトを見ていると、上達には情報教材!みたいなことしか書いていません。

別に頼りませんでした。

 

もちろん、私はサイトに全く頼らなかったわけではありませんが、他人は他人で割り切っていました。娯楽の一部として見ていましたね。

 

結局、うまくなりたかったら自分で頑張るしかないのですよ。

そして自分にとってベストのフォーム、練習などを見つけるしかないと思います。

 

情報教材も実は初期のころに買ってみたのですが、半分くらい見てやめました(笑)

見る時間があったら自分で練習しようと思っていたんです。

 

プロの試合動画をたくさん見た。

サイト、情報教材には頼らなかったくせに試合動画はよく見ていました。

暇なときとか、ご飯食べながらとか。

 

別に、プロのフォームを研究目的で見ていたわけでもありません。

ただ、ボケーと口半開きで見ていました。

 

プロってすごいですよね、ハットは何回も連続で出しますし、TON80だってお手の物。

 

そんなプロたちの試合を見ていると、ハットが出せない、TON80が出せないといった壁がなくなるんです。だって、何度も何度も見せられますから。

 

プロの試合動画を見ることで自分の中の不可能という壁を壊していたんでしょうね。

 

それに加え、自分のフォームに自信を持つきっかけにも。

プロでもみんな違ったフォームで投げているので、自分のフォームにも自信が持てるようになったのだと思います。

 

ぼっちだった?

これは良いのか悪いのか。

ただ、一人で黙々と練習してきました。

 

一つ言えるのは、切磋琢磨するライバルがいなくても、上手な師匠がいなくても、Aフラになれるってことです。ぼっちでも自信をもって!

 

まぁ、これからはいろんな人と対人で対戦もしてみたいのですが。

 

まとめ。

これが私のAフラになった方法です。

なかなかに型破りではあるかと思いますが、これでAフラになりました。

(AAフラ以上は知りません。これからまた目指します)

 

 

ダーツは兎にも角にも練習しかないです。

自分と向き合ってひたすらに練習。これからも頑張ります。

 

もちろんこれらは私の場合です。各々で合う合わないがあるかと思います。

一例として考えてください。何かの参考になることを信じて。。

4ヶ月でAフラ達成!嬉しさのあまり朝から踊る。

この時がやってきました。

 

今朝、ダーツライブのサイトに行きました。

すると・・・。

 

レーティング10

Aフライトと書かれているではありませんか。

 

いや、予感はあったのですよ。

そろそろAフラになるのでは、と。

 

 

これは嬉しい。タイトル通り朝から踊っていました。

 

ダーツを本格的に始めて4ヶ月。

一般的にみてどうなんでしょう。

もちろん、練習量などによって期間はブレるのでしょうが。

 

ともかく、晴れてAフラになれて良かったです。初心者卒業かな。

 

 

ブログタイトルは、この際変えてしまおうと思います。

さらなる高みを目指して、そして自分のモチベーションの為に「なよなよがダーツでAAフラを目指す」にしようと思います。

 

え、気が早いって?

私もそう思いますとも。

それでもブログタイトルは変更します。

 

これからも楽しく、ガチ目にダーツをやっていこうと思います。

 

そのうち4ヶ月でAフラを達成したコツ?でも記事にしたいとも思います。

 

ではでは。

 

追記:Aフラになったことについて記事を書きました。

ankokoko-darts.hatenablog.com

 

初ホワイトホース。馬を出すコツって何だろう。

今日はちょっとした記念日です。

 

馬が出たんです。

 

「ホワイトホース」

これはダーツでの演出の中で一番出すのが難しいのではないのでしょうか?

 

個人的には

ホワイトホース≧ブラック>>ベッド=?ハイトン>>(越えられない壁)>>ハット>>(越えられない壁2)>>ロートン>>>bull

 

だと思っています。(異論は認めます)

 

 

ホワイトホース以外は出したことがあったのですが、肝心のホワイトホースはこの3か月出したことはありませんでした。

 

 

しかし、今日、グローバルマッチのクリケットで馬を見ることができました。

本当にびっくり&嬉しい。

 

 

せっかくなので馬をこれからも出していくためにコツを考えてみようと思います。

  1. 根本的な技術
  2. 狙う順番

 

 

根本的な技術

馬を出すコツなんてあったら、みんな出しまくっているはずです。

やはり根本的な技術力は必要でしょう。

 

しかし、一般的に皆さんは初馬をどれくらいのレベルで出したのでしょう。

優しいダーツァーの方々、教えてください。

 

ぶっちゃけ、Bフラあれば馬は出せるのではないのかと思ってます。

(もちろん、頻繁ではない。1日一回とか、もっと少ないはず)

 

あとは、集中力と強い心。これさえあればBフラから馬は狙えるものなのではないでしょうか。私もBフラですし。

 

 

狙う順番

強いて言うならば、トリプルを狙う順番がコツなのかな・・・。

私の場合は

18T

下に降りて15T

左にずれて16T

でホワイトホースを達成しました。

 

あっちこっちを狙うよりも縦横があっていた方がトリプルは狙いやすいのかと。

 

 

 

馬は出すまでが大変だけど、一度出してしまえばあとはラク。とどこかで見たことがある気がします。

そんなこと言われたら期待しちゃうよー。

 

ホワイトホースを100回くらい出したらちゃんとした馬を出すコツを書きたいなぁ。

 

 

 

手首の固定はやはり重要か?矛盾があるから苦手です。

ダーツをしていると耳にするのが「脱力」というワードです。

 

そしてもう一つ耳にするのが「安定、固定」といったワード。

 

この二つって矛盾してませんか?

脱力したら固定は難しくなるし、固定したら脱力は困難です。

 

 

もちろん、全く理解できていないわけではありません。

脱力したうえでフォームを固めて安定させていけばよいのですよね。

 

私自身もこの数か月間で少し身についてきました。

自分にとって楽な体勢にして楽に投げる、つまりはそういうことだと思います。

 

 

しかし、全くと言ってできていないのが手首の固定です。

 

 

手首の固定はどんなダーツ記事でも取り上げられていますよね。

限界まで手首を引くことでフォームの安定を実現しているプロもたくさんいるとか。

私も手首を限界まで引くことは賛成です。

中途半端な毎回違った角度での手首固定では安定は実現しないと思っているからです

。(もちろん慣れなのでしょうが)

 

しかし、私はもともと手首が硬いのでしょうか、限界まで手首を引くという動作が非常に苦手。余計な力が入るんですよ。

 

それでも手首を限界まで引いた方がブル率は高かったり。

 

 

困った。

 

 

練習しているうちに、この動作も慣れていくものなのでしょうか。

 

そう信じて今は手首を限界まで引いたセットアップを意識したいと思います。

 

 

 

 

 

朝から張り切ってダーツライブアリーナへ。結果、心が折れる。

今日からダーツライブのイベントでアリーナですね。

 

楽しみで楽しみで、鼻血が出そうになりながら行ってまいりました。

 

結果、することも出来もせず、半ベソかきながら帰ってきた次第です。

時間外ってやつでした。

 

アリーナって夕方からなんですね・・・。

 

皆さんもアリーナ目的であるなら時間に注意です。私の二の舞にならないで。

 

 

アリーナは一体どんなゲームなんでしょう。

以前にもあったのかな?

 

コークから始まるらしいですね。

そもそも正確なコークなんてできるのかしら。

 

 

あと、何気に騎士のテーマが欲しいです。

 

抽選でカードも当たるらしいし・・・。

 

そんなことを言っていると自分が惨めになるのでやめますけど。

 

 

次に行くなら夕方。

心に刻みたいと思います。

 

実際に挑戦したらまた記事にしますね。

では皆様、ご武運を!

 

追記:アリーナやってまいりました!記事も書いたので是非。

ankokoko-darts.hatenablog.com

 

 

ダーツを左手で投げて自分の成長を実感する

ダーツをしているとどうしても伸び悩む時期があるかと思います。

 

私の場合はBBフラまではぐんぐんと伸びて、私って天才ではないかと思っていました。

 

しかし、そこからの成長はゆっくりとしたものになり、現在も奮闘中です。(天才ではなかった!残念!)

 

 

どんどん目標は高くなるのに、そんな目標に追いついていけない自分の実力。

 

けど、考えてみると本当に今の自分は数ヶ月前に比べて成長しました。

 

ダーツを始めたての目標は三本中一本はブルに入れる!

でしたが、そんな目標は出来て当たり前になり三本中二本はブルに、なんらならハットで・・・、そんな目標にすり替わっていました。

 

ブルに当たり前のように入るようになった自分を素直に褒めてやればいいのでしょうが、なかなか出来ないのですよね。

 

ブルに入るのが当たり前になってしまって、まるで始めた当初からブルに入っていたと勘違いしてしまっているのです。

 

もちろんそんなことはありません。

そんな勘違いを打ち破る方法を見つけました。

 

 

 

左手で投げるのです。

実際に投げてみました。

ブルを狙っているのにトリプルに入ったり、ダブルに入ったりと初心者丸出し。

そもそも気を抜くとアウトボードになってしまいます。

 

 

ダーツをやり始めたころはこの左手で投げた時と大差なかったのだと考えると、自分の成長が良くわかります。

 

 

自信過剰になるのも悪いことですが、過度な自信喪失も悪いですよね。

 

そんな時は原点回帰、左手で投げてみることにします。」

開始3ヶ月でレーティングが9に

ダーツを始めてはや3ヶ月。

レーティングが9になりました。(ダーツライブにて)

 

まぁ、瞬間風速的レート9ですので、しばらくの目標はこの9をしっかりとキープすることにします。

 

レート9が安定してきたら、とうとうAフラまでリーチがかかります。

 

今後の課題は実力の底上げですね。

01では現在スタッツが75です。

Aフラの最低条件としてはスタッツが80です。

701をメインでやるとすると7ラウンド以内に140点の壁を越えていかなくてはなりませんね。

 

しかし、本当の課題はクリケットです。

練習をしていなかったこともあり、やはり苦手・・・。

これこそ底上げしなければなりません。

 

練習方法としてクリケットカウントアップでしょうか。

ひとまず、クリケットカウントアップで450点を安定してとれるように練習したいと思います。(すべてのナンバーで3カウント、アウターブルに3回入った時の点数)

 

毎日こつこつと練習をして秋にはAフラになることを期待して・・・。