なよなよがダーツでAAフラを目指す

ダーツにはまりすぎて人生が変な軌道に乗りかけている人間のブログ。練習量ですべてをカバーしようとしてるバカ。

なぜか調子が悪いときに見るポイント「チップの向きについて」


スポンサードリンク

ダーツって本当に繊細な競技です。

 

若干の体のブレ、フォロースルーのブレによって結果は全く異なります。

 

最近の発見として構えた際のチップの向きがあります。

投げる前のセッティング時にチップが若干上を向いているか、下を向いているか、水平なのか、これらによって飛び方が全く変わってきます。

 

早い話、チップの向きでブルに入るのか入らないのかが決まることだってあります。

 

ダーツの基本は毎回安定したフォームで投げること。

 

そのためには曖昧なフォーム、セッティングを排除していく必要があるのだと思います。

その中の一つがチップの向き。

再現性を高めるにはチップの向きは水平が理想でしょうか。

 

私はどうやらチップを若干上に向けてしまう癖がるようです。

そんな時は高確率で調子が悪い。

 

細かい点ですがチップの向きも注意しつつダーツを投げたいと思います。

 

それと、チップの向きで飛び方が変わるので、調子によっては微調整もしていくことはいいことなのでしょうね。

私はとりあえず水平に構えて練習をしますが。