なよなよがダーツでAAフラを目指す

ダーツにはまりすぎて人生が変な軌道に乗りかけている人間のブログ。コミュ障+半フリーター。だめだこりゃ。

ダーツにおける後ろ足の重要性

ダーツをしていると「安定」この二文字ばかり考えています。

 

安定したグリップ、安定したフォロースルー、安定したテイクバック・・・。

 

気づくと上半身の事ばかり考えていました。

確かに、ダーツを投げるのは腕ですから上半身に目がいくのは当然なのかな。

 

 

しかし、本当の安定を目指すには下半身も意識せねば、と思いまして。

 

 

前足(右利きなら右足。スタンダード、クローズドスタンスでの前に出る足を指す)

はまだ意識するんです。

投げる前にラインを踏んでいないか、角度は問題ないか、と。

 

それに比べて後ろ足への意識は希薄です。

何となく置いている感があったので、最近はキチンと後ろ足も毎回同じように配置するようにしています。

 

 

どうやら、私は気づくと後ろ足が開いてしまう癖があるようです。

気がつくと不恰好なオープンスタンスのような奇妙なスタンスになっていることも・・・。

 

こんなのではダメだ。

後ろ足もしっかりとした意識をもってダーツをしていきたいと思います。