なよなよがダーツでAAフラを目指す

ダーツにはまりすぎて人生が変な軌道に乗りかけている人間のブログ。練習量ですべてをカバーしようとしてるバカ。

ストレートバレルは使いやすい?ストレートバレルのよさをまとめてみた。


スポンサードリンク

衝撃の告白(笑)。私はストレートバレルが好き。

私はストレートバレルが好きです。(唐突な告白)

最初に買ったバレルがストレートバレルであったこと、そしてトルピード型も投げてはみたもののどうもしっくりこなかったこと、これらの理由によりストレートバレルから離れられません。

 

 

しかし、ストレートバレルは日本では使用率が非常に低い気がします。

実際に、今まで対戦してきた方々のバレルはトルピードばかりでしたし・・・。

ストレートバレル使ってます!というと珍しがられるくらいストレートバレル愛用者は少ない気がします。

 

 

今回は私が思うストレートバレルのよさをまとめてみようと思います。

 

 

力を抜いた安定感のある投げを習得できる

ストレートバレルを使う上で一番のメリットだと感じているのは軽く投げることができるという点です。

ストレートバレルの特性上、きれいに飛ばすためには力をある程度抜いて投げる必要があります。

力強く投げると結構ぶれるんですよね。

 

私が持っているイメージとしては投げるというより、ダーツがフワッと手から抜けていくイメージをもって軽く投げます。

(この手から抜けていくような投げ方はトルピードだと難しいと感じています。)

 

力を抜くということは余計な力が入らないことにもつながるので、ミスが起こりにくく、比較的簡単にグルーピングがよくなるというメリットがあると思います。

 

この力を抜いて投げる方法には最初はちょっと戸惑いました。

しかし慣れてしまうと明らかに楽です。

疲れにくいというメリットもあり、長時間のプレイにも対応できるようになります。

 

 

トルピード型でも最終的にはある程度力を抜いて投げる技術は必須かと思います。

しかし、気づくのが遅くなってしまうのではないかなぁ。

力を入れて投げても意外ときれいに飛ぶのがトルピード型なので・・・。

 

グリップの自由度の高さ

ストレートバレルはどこを持ってもよいのです。

どんなふうに持ってもよいのです。

これはトルピードにはない強みだと思います。

 

毎日全く同じコンディションで投げるのが理想ですが、現実的ではありません。

機械じゃないのですから。

どうしても日によって調子があるかと思います。

 

ストレートバレルはそんな調子を微調整しやすいのです。

私はグリップ位置を日によってズラすことで微調整しています。

 

そんな自由度の高さもストレートバレルの良さなのかと。

 

 

それと、私はグリップが結構変わります。

意識的に変えているのではなくて、いつの間にか自分の投げやすいように変わっているといいますか。

そんなグリップの変更にも一役買ってくれるのがストレートバレルのすごいところ。

 

特に私のようにダーツを始めて間もない方はこれからもグリップが変わり続けるかと思います。自分のベストなグリップが見つかるまでストレートバレルを使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

グルーピングに有利?

ストレートバレルのメリットで一番、言われているのがグルーピングにおける優位性でしょう。

ただ、これについては若干疑わしいと思っています。

グルーピングで有利に働くのはあくまでハードダーツの場合であり、ソフトダーツではあまり関係ないのでは?というのが私の考えです。

 

しかし、バレルが細いことによる狙いやすさは大いに感じています。

例えばベッドを狙った際に太いバレルだと3本目あたりがかなり狙いにくくなります。(バレルによってターゲットが隠れてしまう)

細いバレルならばターゲットがある程度見えるので精神的な余裕を感じることができるかなぁと思っています。

 

 

ストレートバレルは使いやすい。投げ込もう。

私が感じるストレートバレルの良さはこの3点です。

特に、一番目の力を抜いて投げることができる、というのは本当に自分の力になっていると感じています。

私が4か月でAフラを達成できたのもストレートバレルのおかげだったのかもしれませんね。

 

気になった方はストレートバレルを投げ込んでみてください。

試投ではストレートバレルの良さはわかりませんよ!

1か月くらい投げ込んじゃってください!

 

ストレートバレル愛用者様、ほかのメリットなどありましたら是非教えてください。