なよなよがダーツでAAフラを目指す

ダーツにはまりすぎて人生が変な軌道に乗りかけている人間のブログ。練習量ですべてをカバーしようとしてるバカ。

ダーツのテイクバックは目の前にしたい!そんな夢をかなえる方法。


スポンサードリンク

テイクバックの引き方は十人十色

皆さん、テイクバックはどこに向かって引いていますか?

 

目の前?あご下?耳?肩?

 

投げ方が十人十色ならばテイクバックの引き方も十人十色。

 

正解はありません。実際に、プロたちはそれぞれのテイクバックを持っています。

 

上達が早い秘訣はテイクバックにあり?

正解はありませんけど、上達が早い人の共通点としてテイクバックは目の前に引くことが挙げられます。

 

いませんか?上達がすごく早い人、そんなに練習していないのにある程度のレベルをキープできる人。

そんな人たちの共通点の一つがテイクバックを目の前に引くことだと思うのです。(私調べ、信用に値するかどうかは謎)

 

目の前にダーツを引くメリット

目の前にダーツを引くメリットは何でしょう。

それは目とターゲットが一直線になり、簡単に狙うことができるということです。

目でターゲットをとらえ、そのまま真っ直ぐに投げることでターゲットを簡単に射抜くことができますから。

 

もちろん、目の前に引かなくても上手くなれます。

しかし、上達が遅かったり、練習を怠るとすぐに下手になったりと難しい。

それは目で狙うことができないので、どうしても感覚頼りになってしまうためです。

 

意外と難しい目の前にダーツを引くという行為

そんなことを考えると目の前に引けばいいじゃないと思うのですが、私にはこれが難しい。

 

そもそも、私は右手投げ、効き目が左です。

投げる手と効き目が逆なんですよね。

同じ境遇の方ならわかっていただけるはず。

目の前に引くことができない!

 

さらに、どうしても体のつくりからか目の前に引こうとすると体が窮屈になってしまうのです。

そんなわけで私はこのテイクバックをあきらめ、右耳横に引くテイクバックを選びました。イメージとしてはPDCのバーニーのようなテイクバック。

 

強引に目の前に引く方法

それでも、諦められなかった。

そして思いついたのが立つポジションをずらすという方法です。

(以下、右投げの場合)

 

ブルを狙うとしましょう。

いつもはスローラインの真ん中に立ってダーツを投げていました。

これを右に移動することでどうなりますか?

 

ブルの位置は左に移動します。

 

この状態で真っ直ぐにテイクバックするとあら不思議。

ダーツは目の前に引いているはず。

 

ターゲット位置をずらすことでダーツを引いてくる地点を強引に変えるという方法です。

 

検証の必要あり。方法としてはアリ??

思いついたのはいいのですが、正直使うかどうかはわかりません(笑)

今までスローライン真ん中で投げることが当たり前だったので・・・。

ただ、目の前にダーツを引くことにメリットはあるかと思います。

 

気になった方はお試しください。

私もしばらくは検証も兼ねてこの方法で投げてみることにします。