なよなよがダーツでAAフラを目指す

ダーツにはまりすぎて人生が変な軌道に乗りかけている人間のブログ。練習量ですべてをカバーしようとしてるバカ。

なんとかダーツライブでレート11に。10→11になるためには!


スポンサードリンク

昨日になんとかダーツライブでレート11を達成しました。

 

まだ、瞬間的なレート11なので安定させることを目標に頑張りたいと思います。

 

レート10から11は遠かった!

Aフラになったという安心感、気のゆるみから上達が遅かったです。

 

ただ、めげずに毎日練習してよかったなぁと感じています。

 

 

せっかくなので、私がレート11になった発見をメモしておきます。

 

レートってなだらかに上がるよりも、何かのコツをつかんでポン!と上がることが多くないですか。

私もそうなんです。

 

 

私の今回のレベルアップもそんなコツが絡んでいます。

 

今回、重要だったのは2つ。

  • 投げるリズム
  • セットアップ

 

投げるリズムを大切にするようになりました。

海外選手を見ている影響か、テンポよくダーツを投げようと考えたわけです。

すると、ブル率が上がった!

 

今までの私は1ラウンドの3本のダーツをうまく活用できてなかったのだなと思い知りました。

 

1本1本を大切に投げるのは良いことですが、3本で1ランドという感覚を持つことは大切なんですね。

 

そのことを考えてテンポを気にして投げたことが今回の気づきの1つ。

 

 

もう一つの気づきがセットアップです。

 

さきほどのテンポと関係があります。

テンポよくダーツを投げるといっても、今まで1本1本をやたらと丁寧に投げていた私には難しい。

 

なにがテンポよく投げることを阻害しているのか、それはセットアップでした。

 

私は今回、セットアップを決めない!という大胆な決断でこの問題を解決しました。

マイケルスミス、エイドリアンルイスみたいなイメージ。

流れるような動作でダーツを投げることをイメージして投げています。

 

近々、セットアップが必要かどうかの記事は書こうかと思いますが、常識にとらわれてはいけないということですね。

 

 

レベルアップには欠かせない「気づき」。

まぁ、その気づきを得るためには練習しかないんですけどね・・・。

以上、くだらない気づきメモでした。