なよなよがダーツでAAフラを目指す

ダーツにはまりすぎて人生が変な軌道に乗りかけている人間のブログ。練習量ですべてをカバーしようとしてるバカ。

ダーツのラインの本当の意味。


スポンサードリンク

ダーツの狙ったところへ投げる能力は「ラインの感覚」が大切なのだと感じた今日この頃です。

 

クリケットナンバーを狙う際、どうやって狙っていますか。

各々にルールがあるかと思います。

 

最近の私の狙い方は「ラインをイメージする」というもの。

まず、ターゲットを「じーー」っと見るんです。

そして、ダーツがどのように飛んでどのようにターゲットに着地するのかをイメージするようにします。

そのあと投げる。

 

これをダーツのライン、軌道などと呼ぶのかな?

 

 

以前に動画か何かでダーツプロがラインをイメージして投げると言っていました。

最近までその意味がわからなかった。

 

自分の手からターゲットまでの直線をイメージするのかーと思って投げても上手くいかない。

くそぉ、嘘つき!と浅はかな私は怒っていました。

 

 

やっと気づきました。

ラインは直線ではないんだ。

 

私たちが投げるダーツは弧を描きながら飛びます。

ラインとはその弧も含んだものなんだなと。

 

しかし、その弧も含んだラインは人それぞれ、山なりに飛ぶラインもあれば、直線に近い弧もあります。

 

理屈ではわかっていました。

しかし、自分のラインを把握できていなかったのです。

 

大切なのは自分のラインを把握すること。

練習して、たくさん投げて、自分のラインを安定させる、ラインを覚える。これが重要なのだと感じました。

 

 

このブログ、最終的に「練習」に行き着いてしまいます。

ダーツの上達は「理論でなく練習」これは真理なのかもしれません。