なよダーツ。

メンタルがなよなよでもAフラになれます!初心者さんのためのダーツ上達のコツを紹介。私も一緒に成長していきます!めざせAフラ、AAフラ!

トリニダードのマルチダーツスダンドをレビュー|折りたためるダーツスタンド

SPONSORED LINK

トリニダード マルチダーツスタンド

家でダーツを練習するために必要なものはいくつかあります。

個人的にダーツボードよりも大切だと思っているのが「ダーツスタンド」です。

 

私は考えて考えた挙句、トリニダードのダーツスタンドを購入し、半年以上愛用しています。

 

そこで、実際どうなのか、トリニダードのダーツスタンドを買ってよかったと思うこと、ダメだったこと、そんなことを書いてみようかと思います。

 

 

トリニダードのダーツスタンドのメリット

片手で運べる軽さ

とにかく軽い。三脚タイプですからとにかく軽いのです。

 

そしてコンパクト。折りたたみで専用袋に収まってしまうダーツスタンド、なかなかありません。

公式サイトにも書いていましたね。

持ち運び楽々!と。

 

いやいや、ダーツスタンドなんて持ち運ばねぇよ。と思う方。

私も同感です(笑)

 

ただ、軽いと本当に便利です。掃除、模様替え、引っ越し・・・。軽いおかげで本当に楽なんですね。

 

自由自在に配置可能

三脚タイプですから置き方も自由自在。

 

私の場合は部屋の広さの関係でダーツスタンドを部屋に対して真っ直ぐに置くと若干長さが足りなかったわけです。

そこで、正しい使い方ではないのですが、三脚の向きを逆にして部屋の対角線上にスタンドを置くことで十分の距離をとることに成功しました。

 

臨機応変に置き場所を考えられるのもトリニダードのダーツスタンドの強みです。

 

 

特に部屋の長さが足りない!という方にはおススメできますね。

私と同様に部屋の対角線上にこのダーツスタンドを置きましょう。

 

いらなくなったら売れる

あと、とっても邪道なメリットなのですが、このダーツスタンド「値崩れ」しにくいです。

つまり中古で高値で売れるということ。

 

ダーツスタンドを手放さなければならない理由って人それぞれあると思うのです。

  • ダーツに飽きた
  • 引っ越しで持っていけない
  • 四六時中ダーツをしてしまって生活に支障がでてきた

などなど。

 

このダーツスタンド、高値で売れます。

試しにメルカリやヤフオクを見てみてください。

 

確かに安いスタンドではないのですが、手放すときに半分以上お金が戻ってくると考えると安いものではないでしょうか。そういう意味でも気軽に挑戦できる良ダーツスタンドだと思います。

 

邪道すぎるメリットでごめんなさい・・・。

あと、2018年2月現在の話なので悪しからず。

 

トリニダードのダーツスタンドのデメリット

安定性に欠ける

安定性に欠けるのが一番のデメリットかと思います。

軽さゆえに安定感が欠けます。

 

対策として振動防止用のポールが用意されていたりしますが、それでも他のダーツスタンドに比べると安定感がありません。

ダーツが当たるとボードが「グワングワン」揺れます。

 

ただ、私は別に気にしません。

なぜなら、家出の練習はフォームを忘れないようにするといった、ライトな練習ですから。ブルに入ればいいなー、と軽い気持ちでやっているので気にならないのでしょう。

 

 

逆に言うと、家で「馬だ!」「トンパチだ!」と練習したい方には向いていないのかもしれません。揺れますから。

そもそも、そんな方はダーツスタンドが向いていない。壁に直にボード貼ってください。

 

意外とスペースが必要

構造上の問題なのでしょう。置くと意外とスペースを取ります。

軽いので安定感上げるため、三脚部分が広く作られているのですね。

結構なスペースとります。

 

そのうえ、棚付きのダーツスタンドと違って収納スペースなんてものは皆無ですから、部屋の広いスペースをダーツのために消費します。(裏技としてポール部分に洗濯物を掛けることができます(笑))

 

 ダーツのためにそんなスペース用意できないよ!という方は大人しく棚付きのスタンド買いましょう。

 ↓こんなダーツスタンドのこと

 

まぁ、軽いことを生かして、使う時は出してきて、使わなくなったら片付けるというスタンスをとれなくもないですが面倒ですよね・・・。

 

結局どんな人に合っているのか

以上が私が感じたトリニダードのダーツスタンドのメリット、デメリットでしょうか。

これらを踏まえてこのダーツスタンドが合っている人を列挙したいと思います。

  • ダーツをするための部屋の長さが足りない方。
  • ダーツにすぐ飽きてしまう可能性がある方。
  • ダーツスタンドを移動、引っ越しさせたい方。
  • 家で本格的な練習を求めない方。
  • ダーツのために部屋のスペースを犠牲にできる方。

こんな感じでしょうか。

 

 

個人的には本当におススメですよ。

何か質問があればコメントください。できる限りお答えしたいと思います。

では、レッツ家練。