なよダーツ。

メンタルがなよなよでもAフラになれます!初心者さんのためのダーツ上達のコツを紹介。私も一緒に成長していきます!めざせAフラ、AAフラ!

男の趣味としてのダーツがおすすめ!安く、手軽な趣味。

SPONSORED LINK

無趣味の人が増えてるみたいですね。

スマホか普及した今、趣味を持つ人が激減したみたいです。たしかに、スマホがあれば一日中ヒマを潰せますからねぇ。

 

それでも男たるもの趣味の一つくらい持ちたいもの。

素敵な女性に「趣味はー?」と聞かれて「スマホでYouTube見ることですかねぇ」ではカッコつかないですから。

 

私がオススメしたいのは「ダーツ」です。

ダーツ 趣味

 

私がダーツを趣味としておススメできる理由が5つあります。

  1. できる場所が多い、手軽である
  2. 必要な道具が少ない
  3. ある程度の時間で上達ができる
  4. 極めようと思ったら時間がかかる
  5. これから流行る可能性がある

1つずつ詳しく書いていきますね。

 

 

できる場所が多い、手軽である

ダーツができる場所は本当に増えました。一昔前ではダーツバーに行くしかなかったのに今ではゲームセンター、ネカフェ、さらにはカラオケにも置いてあったりします。

手軽にできるスポーツとして定着してきたように思います。

 

できる場所が多いというのは、見せ場も多いということ。

趣味がスキューバダイビングだったとしましょう。

確かに素敵です。かっこいいです。スキューバダイビング。

 

しかし、「俺、趣味でスキューバダイビングやっているんだよねぇ。今から行こうか?」とはなりませんよね。手軽ではないのです。

 

それに比べて、「俺、趣味でダーツやっているんだよね。今から行こうか?」なら余裕で可能です。手軽さゆえに、見せる場面が多いのもポイントです。

 

できる店が増えたことにより、安く練習することもできるようになりました。

一昔前だと1プレイ100円のお金のかかるの趣味でした。そんな店で投げたら1日で5000円が飛んでいくことは必至です。

 

今ではネカフェ、ゲームセンターを利用することで投げ放題と言うシステムがあります。相場は大体1時間500円。

2時間たっぷりと投げても1000円ですからね。ガンガン練習できます。

 

必要な道具が少ない。

少ない道具で趣味ができるというのは大きなポイントです。

ダーツではとりあえず、マイダーツ買っておけばOKです。それ以外はほとんど必要ありません。

 

私はダーツを始める前は、ボーリングを趣味にしようとしていました。

しかし、マイボール、ボーリング用シューズなど意外とそろえるものが多いことに気づきました。

さらにはマイボールとか重い。学校帰り、仕事帰りに手軽にできるようなものではないですよ。

 

 

基本的な初期費用も安く済みます。

マイダーツもピンからキリまでありますが、今では高品質なダーツが低価格で手に入るようになりました。

それなりに良いマイダーツが5000円以下で買えてしまう時代なのです。

5000円で始められる趣味ってなかなかありませんよね。

 

有名な初心者向けダーツはハローズのアサシンでしょう。安くて高品質です。

 

個人的におススメなのはダーツショップのオリジナル製品です。

安くて高品質なオリジナル製品は初心者に最も適していると考えられます。私もTITTOというダーツショップのオリジナルダーツでずーっと投げていました.

 

 

ある程度の時間で上達ができる

ダーツというのは非常にシンプルなスポーツです。ダーツを狙ったところに投げる。これだけですから。

そのシンプルさから、練習さえ間違えずに行えば誰でも上手くなれます。

 

その上、シンプルなので上達が他のスポーツと比べても早い。

どこでもできる手軽さ+シンプルな競技から上達が早いのがいいですよね。

 

かと言って、上を目指せばキリがない懐の深さもダーツの良いところ。

趣味から特技、さらにはプロまで目指せるのですからダーツは楽しいのです。

 

 

さらに上達しやすい理由として、どこでも練習できることが理由にあります。

ダーツは今ではどこにでもありますから、会社帰り、学校帰りに練習がいくらでもできます。道具もコンパクトでカバンに仕込んでおくことが可能。

 

家の近くにダーツができる場所がなくても問題なし。

やろうと思えば家でもできてしまうのがダーツなのです。

 

趣味がボーリングだったらどうでしょうか。できる場所が限られているうえ、家にボーリング場を作るってどんだけ金がかかるんだという話。

ダーツなら、ダーツボードとダーツスタンドを買うだけですぐに始められますからね。上達が早いのは当たり前なのです。

 

ダーツボードは価格帯が豊富!安いのだと3000円ほどで買うことができます。

ankokoko-darts.hatenablog.com

 

ダーツスタンドも1万円あれば高品質なモノが買えますね。

ankokoko-darts.hatenablog.com

 

安く済ませようと思ったら1万円ちょっと。1万円で家でも練習できる環境が用意できるって安すぎません?他の趣味ではなかなか考えられません。

 

長く続けられる

シンプルで運動神経などは関係ないダーツ。かなり長く続けられる趣味です。

それこそ、おじいちゃんになっても続けられます。

 

ダーツバーで60代後半の年配の方と対戦したのですが、ボッコボコにやられました笑

「これが年の功だよ」と言われましたが納得です。

 

一生物の趣味になるかもしれませんよ。

 

ダーツってプロが作った教材も豊富なんですよね。

長く続けるには一度見ておくと参考になるかと。

(参考:ダーツの教材、商材をまとめてみた|おすすめは? - なよダーツ。

 

これから流行るかも

ダーツには流行がありまして、日本で最も流行った時期は10年くらい前ですかね?

かと言って今は全く流行っていないかと聞かれると、そんなことありません。

前述通り、ダーツマシーンはネカフェ、ゲーセンにも進出してきており、むしろ手軽にできるスポーツとして地位を築いています。

 

ダーツのプロリーグも動画配信サービス等を使って盛り上がりを見せいます。

海外のとあるプロリーグに至っては2017年、過去最高の賞金が用意されるという盛り上がりっぷり。

日本もこれからどんどん盛り上がるんじゃないかなぁ。今のうちにダーツを練習しておくのは良い選択なのではないでしょうか。

 

男の趣味にダーツはいかが?

ダーツが趣味としてどう優れているか書かせていただきました。

まぁ、本音を言えばダーツがもっと盛り上がってほしいという願いを込めて書いたんですけどね。

 

このブログでは私のダーツの気づき、発見を徒然と書かせてもらってます。よろしければ他の記事もご覧ください。上達のヒントをたくさん用意してます!