なよダーツ。

ダーツについての総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!一緒にAフラ、AAフラを目指しましょう!!

フォームがガタガタの時はフォロースルーだけ意識しよう

SPONSORED LINK

フォームを安定させるのは効率が良い練習法です。 

フォームが安定=スコアが安定。この方程式は間違いないと思います。

 

立ち位置を確認、グリップを確認、肘を固定、手首の角度一定、投げる。

この一連の動作をひたすらに意識して練習するのが定石なのです。

 

しかし、これらだけでは不十分。

投げた後のフォロースルーも安定させなくてはならないのです。

私も初心者の頃は投げて満足していました。

 

このフォロースルー、考えれば考えるほど面白い。

 

私の場合、狙ったところへ人差し指と中指を指す形でフォロースルーを行うと命中率が上がります。

これを知ってからというもの、練習したことがないナンバーも狙えるようになってきました。(9のトリプルとか、5のトリプルとか・・・。)

 

これも一つの大きな進歩ですが、もっと大きなポイントは調子が悪いときです。

ブルに入らない、イライラする、余計ブルに入らないという負のループを指します。

 

調子が悪いとき、それはフォームがガタガタの時です。

体の軸はブレてるし、肘も動いている・・・。

もっとひどいのは、そもそもどこが不調なのかわからない時。

 

 

今までは調子が戻るまで闇雲に投げるしかありませんでしたが、最近はフォロースルーを意識してフォームを改善しています。

 

肘を固定するだとか、体の軸を固定するだとかは意外と難しいうえ、それだけ改善したのではブルに入ってくれません。

 

 

そこでフォロースルーです。

なるべく綺麗なフォロースルー、真っ直ぐなフォロースルーを意識して投げるだけでブルに入ってしまうものなんですね。

 

ブルに入ってくれればこっちのもの。

あとは自然といつものフォームに戻っていきます。

 

フォロースルー、もっと早く意識すればよかったかな。