なよダーツ。

ダーツについての総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!一緒にAフラ、AAフラを目指しましょう!!

ダーツ用の靴はある?あえて靴を決めないスタンス。

SPONSORED LINK

ダーツをするときの靴って決めてますか?

私は決めてません。

 

ただ、頻度の多いのはこの靴。

バンズのオールブラック。

  

裸足で家練をしているせいか、靴底が平らな靴の方が投げやすいのです。

このバンズはソールが真っ平らですし、バンズらしからぬオールブラック。

どんなコーデにも合う便利な靴で気に入っているのです。

 

これ以上は靴紹介ブログになるのでやめますが。

 

ダーツに専用の靴は必要か? 

正直、ダーツ用の靴って必要ないと思うのです。

ダーツをする時に一番履いている靴がダーツ用の靴になるのではないでしょうか。

 

仕事帰りにダーツをする方だったらビジネスシューズがダーツ用の靴になりますし、休日にダーツをする方はスニーカーがダーツ用の靴になるのです。

 

こんなスポーツも珍しいですよね。

 

どんな靴でもできるというのもダーツの魅力なんでしょう。

 

 

靴によって感覚がずれる

靴によって感覚がちょっと違うのです。

 

私は先ほどもあった通り、靴底が平らなスニーカーでダーツをするのが好きです。

体重配分も感じやすくて投げやすいのです。

 

逆にヒールが付いているような革靴は苦手ですね。

そもそも身長が変わりますし、体が傾く。なんとも投げにくい。

個人的にはダーツには底が平らなローテクスニーカーがあっているような気がします。

バンズとか、コンバースとかね。

 

 靴を言い訳にしない

しかし、わたしはダーツ用の靴は決めてません。

バンズが多いですが、革靴でも、サンダルでも投げます。

  

靴を言い訳にしてはいけないという意志です。

どんな靴にも難なく対応できてしまうのが真の猛者です。

「弘法筆を選ばず」ならぬ「ダーツァー靴を選ばす」です。

 

 

以前にこんな人がいました。

二人組のダーツァー。

1人がどうも調子が悪いようでイライラしていました。

まず、案の定調子が悪いと言い出します。

「今日、調子悪いわー」

 

次にダーツが悪いと言い出します。

「これ、本当に投げにくいな。買わなきゃよかった」

 

最後に服と靴にもケチをつけ出します。

「長袖はやりにくいわー。いつもと違う靴だからなー」

 

知るかよ、そんなん。

 

確かにその人は、いつもと違う状況だったのかもしれません。

しかし、そんな状況にもスマートに対応できるのがかっこいいダーツァーというもの。

私はそんなダーツァーを目指すことにします。

 

あえて靴は決めない、それが私のスタイル。

(PDC目指す人は別ですよ!ゴリゴリの革靴で頑張って下さい)