なよダーツ。

ダーツの総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!一緒にAフラ、AAフラを目指しましょう!

おすすめロングストレートバレル|ハードダーツの移行もスムーズに!

ロングストレートバレルおすすめ

ハードダーツの人気とともにストレートバレルの人気も急上昇中の昨今。

2018年はストレートバレルが豊作の年となりそうですね。

 

私もストレートバレル信者ですのでたくさんストレートバレルを試してきました。

さて、今回はそんなロングストレートバレルのおすすめをご紹介します!

 

ハードダーツをやるならロングストレートはいかが?

私がストレートバレルで特にお勧めしたいのが「ロングストレートバレル」です。

ロングストレートバレルとはバレルの全長が50㎜以上のモノだと思っていただいて構いません。トルピード型バレルと比べるとかなり長く感じるのではないでしょうか?

ロングストレートバレル定義

長さとそのストレートと言う形状から敬遠されてきたロングストレートバレル。

しかし、ここにきて人気が爆発しているのです。

 

なぜロングストレートバレルを勧めるのか?

ハードダーツ

ロングストレートバレルをおすすめする理由が、ハードダーツへのスムーズな移行です。日本でのハードダーツの流行から、これからハードダーツをやってみたい!と言う機会が増えるかと。

ロングストレートバレルはハードダーツで有利に働きます。

それならばソフトダーツからロングストレートバレルを使った方がお得じゃありませんか?今から慣れておくというのも良いと思います。

 

ハードダーツが強い海外のプレーヤーモデルもロングストレートが多いものです。

そういった憧れのバレルを難なく使いこなせるようになるのもメリット。

 

さて、早速ロングストレートバレルのおすすめをご紹介しましょうか!

 

トリニダード ゴメスtype9

日本で人気の高いパーフェクト所属の山田勇樹選手のバレルですね。

前作はトルピードだったのに突然のストレートへの変更はストレートバレル信者たちに衝撃を与えました(笑)

山田選手はこれからのハードダーツを見越してストレートバレルにしたようですね。

 

ゴメスtype9の特徴は何といってもその長さ。

全長:55㎜

これはロングストレートの中でも最長クラスでしょうね。海外のモデルでもなかなかお目に掛かれません。

その長さから扱いが難しいバレルではあるんですが、慣れてくると非常に投げやすいストレートバレルです。

ロングストレートバレルの良さをとことん味わいたい!と言う人におすすめです。

さらにゴメスtype9はハード用のスチールダーツまで発売されているんですよね。

このスチール版のゴメス9のクオリティがすごくて、ソフト用と同じ感覚で投げられるように調整されているのです。ハードダーツに興味がある人にもおすすめです。

 

ちなみに私の愛用バレルもゴメスtype9です。詳細レポートの方もよろしければどうぞ。

 

ユニコーン 浅田斉吾モデル

山田勇樹選手に続いて日本のトップ選手である浅田斉吾選手までもがストレートバレルを発表しましたね。

世界的にも有名なダーツメーカー「ユニコーン」の初バレルということもあり非常に注目されていたバレルでした。

長さは50㎜とロングストレートバレルのお手本のようなバレルです。

一見シンプルなストレートバレルなんですが、カットの随所に工夫がされており投げやすいバレルでした。特にリングカットの上の刻みが良い味出していましたね。

 

ユニコーン浅田斉吾モデルもハードダーツ用のスチールモデルも販売されています。ハードダーツも違和感なく投げらるのが嬉しいポイントです。

ユニコーン浅田斉吾モデルのカットについてとか

ティガ パンダ スコットカーシュナーモデル

アメリカのベテランダーツ選手「スコットカーシュナー」のロングストレートバレル「パンダ」。

名前は「なんで、パンダ?」と疑問を隠せないですが非常に投げやすいロングストレートバレルの一つです。(どうやらスコットカーシュナーのニックネーム「カンフーパンダ」からきている模様)

全長は51㎜と少々長めですね。

このバレルの面白いところがバレルの前の方が若干膨らんでいるんですよね。限りなくストレート、トルピードをひとさじ、みたいなイメージでしょうか。

おかげでストレートバレルを投げたことが無い人でも気兼ねなく投げられるのではないでしょうか?

 

全体がブラックコーティングされているのもカッコいいですよね。(商品名通り、パンダの刻印がちょこっと入っています(笑))

少々マイナーですが、かなり投げやすいロングストレートバレルでした。

 

ターゲット エイドリアンルイスJPモデル

フィルテイラーの弟子である「エイドリアンルイス」のバレルです。

全長は50㎜。

特徴は何といっても中心のイボイボカットでしょう。

このカットはルイスのニックネーム「ジャックポッド」にちなんだルーレットのドラムをイメージしているそうです。

このイボイボ部分はグリップによって少し好みがわかれそうかな?個人的には投げやすいと感じましたが、人によっては気になるカットかもしれません。

 

ターゲット トニーオーシェイモデル

世界的なハードダーツ大会BDOでの優勝経験を持つトニー・オーシェイのバレルですね。

トニー・オーシェイは昔ながらの渋いダーツをするので個人的には結構好きな選手だったりします(笑)

バレルの全長は50.7㎜。

重さは16.3ℊと軽めなので重いバレルが苦手な人には丁度良いでしょうね。

 

このバレルの一番の特徴がそのシンプルなデザイン。

太めのリングカットが連なっていてかなりシンプルですね。これこそ昔ながらのストレートバレルです。

王道の純ロングストレートバレルをお探しの方にどうぞ。

 

ターゲット デイブ・チゾネルJPモデル

私の好きな選手の一人「デイブ・チズネル」の日本モデルです。

長さは51㎜。

全体的に金ピカのデザインで、いかにもゴチャゴチャしてそうなバレルですが、カットはかなりシンプル。

必要なところに必要なカットを施した良バレルです。

ストレートバレルは指からスッと抜けるように投げるときれいに飛ぶ特性があります。そのため、きつすぎるカットは邪魔になってしまうんですよね。

しかし、このバレルはそのカットが絶妙。気持ちよくスッと飛んで行ってくれます。

 

ストレートバレルですがカットのおかげか、重量のおかげか「投げやすい!」と言ってくれる人が多い隠れた名品です。ストレートバレル初心者にもおすすめできますね。

(私はゴメスtype9と最後まで悩みました(笑))

ターゲット カレラ アズーリ コーテックス

 ストレートバレル好きの中では有名なバレル「カレラ」ですね。

全長は50㎜。

何といってもそのビジュアルに惹かれてしまいます。この独特のデザインはブルーチタニウムをコーティングしているからなんですね。カッコよくないですか⁇ダーツバーに持っていったら話のネタになるコト間違いなしなデザインです。

きつすぎないけど、滑らない絶妙なカットが見事。

そして、バレルの中央がなだらかに凹んでいるんですよね。これもこれで投げやすい。

信頼におけるロングストレートバレルだと思います。

レッドドラゴン ピーターライトモデル マンバ

努力家で気さく、それでいてべらぼうに強いことから日本でも人気の高い「ピーターライト」のモデルのバレルが「マンバ」です。そう、あの派手髪のおじさんです。

細く長い王道バレル。ただ、シャークカットの上にデルタカットを載せる加工で、ゴリッとしたグリップ感。バレルの細さをカットでバランスを取った感じ。

 

慣れが必要そうですが、慣れてしまえば非常に使いやすそうなバレルですね。

カラーリングもカッコイイですし、素敵なバレルだなぁ。

ただ、カットがすぐに削れていきそうなんですよね。そこがちょっと心配。

番外編:Kシリーズ サン

これをストレートバレル記事で紹介すべきではないのでしょうが、衝撃を受けたバレルなのでご紹介を。

TRINIDADの「Kシリーズ サン」です。このバレルは極端なトルピード形状。後ろだけ見ると完全なストレートバレルです。

これを見つけたときは「あー、この手があったか!」と感動しました。

 

グリップ方法にもよりますが、後ろ側をグリップする人の場合は、ストレートバレルと大差なく投げることができます。

しかし、極端なほどの前重心。ストレートバレルはその形状から前重心にするのが難しいものです。ならば前だけ太くすればいいんじゃない?というアイデアでしょう。

 

素敵なバレルだなぁ…。ストレートなのにトルピードっぽい前重心の刺さり心地が気持ちいい。ストレート信者の方も一度投げてみてください。変な形ですがグリップした感じはストレートなので。

あと、カタカナの「トリニダード」がダサい。だが、一周まわってカッコいい(笑)

 

ロングストレートでスムーズにハードダーツを楽しもう!

いかがだったでしょうか?気になるロングストレートは見つかりましたか?

これらは私が実際に投げてみて投げやすいなーと感じた精鋭たち。是非ご参考にどうぞ!

 

 

今年はストレートバレル信者にとって素晴らしい年。

これからもまだまだロングストレートが発売されるはず。

また投げやすいモデルを見つけましたら随時更新していきますね。その時はツイッターで報告するのでよろしくです!