なよダーツ。

ダーツの総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!一緒にAフラ、AAフラを目指しましょう!

三回目のハット100回RTA|鈍った感覚を強引に取り戻せ!!

ハットトリック100回RTAの3回目

最近は私生活が少し忙しくてダーツの練習時間が上手く取れませんでした。ナンテコッタイ。
やっと十分な時間が取れたので、ウォーミングアップを兼ねて100回ハットトリックRTAに挑戦してみることに。
しかし、今回は地獄だっという報告です。

100回ハットトリックRTAとは

100回ハットトリックRTA。
いかに早く100回のハットトリックを出すかを競うダーツの伝統的な競技です(大嘘)

今回、私は3回目の挑戦。前回の記録は2時間と好記録だったので期待が高まります。
今回こそは2時間をキッチリと切る、そんな目標にて投げました。 

投げ方わからん!入らん!

久々に投げたというのも一つの原因でしょう。

「全く入らん!」

入らない、と言うか投げ方自体が怪しい。違和感マシマシのスローは気持ちが悪かったです。

ダーツって入らないと本当に楽しくないですよね。私も本当に苦痛な練習になってしまいました。
1時間経過時点でハット数は20回。このままのペースではハット100回を達成するためには5時間掛かってしまうやないかい!

この悪い流れを断ち切るために色々と挑戦をしてみました。
スロー位置や投げるテンポ、エイミングの方法など色々と試すものの効果はなく時間だけが過ぎていく。焦りますよね。

縦ラインだけに集中

このままではまずいと感じて、一つだけ自分にルールを課すことに。
調子の悪い時は、難しいことなんてできません。
自分にとって一番大切なことだけを考えて投げるのが大切です。 

私の場合は縦ラインを揃えること。

縦ラインを揃えることだけに集中して投げることにしました。

ダーツのコツはだいたいハット

図の黄色いゾーン内に3本が入っていれば「ほぼハット」と言うことで自分を褒めてやることに。
この考え方にしてから、ぼちぼちと調子を取り戻せるようになり、何とか3時間が経過する前にハット100回を達成することができました。
いやー、今回は本当にきつかった…。 

3回目ハット100回RTAの詳細記録

記録としてもこんな感じ。

 

1回目

(2018/12)

2回目

(2019/4)

3回目

(2019/7)

時間 2時間40分 2時間 2時間54分
ゲーム数 75回 53回 85回
時間/1ゲーム 2.1分 2.3分 2.0分
ハット数/1ゲーム 1.3本 1.9本 1.2本
平均点 766点 822点 751点
最高点 1003点 1032点 1001点
1000点オーバー 1回 2回 1回

今まででもっとも芳しくない結果になってしまいました。
過去の自分に負けたというのは悔しいですが、1回目と2回目はベストコンディションで挑戦したRTAでしたからね。

 今回は調子の悪い中でのRTAだったので、
「どのようにして調子を取り戻すか?良い流れを呼び込むか?」
という練習になったので個人的には良かったのかな、と。
ポジティブに考えないとやってられません。 

1日10分でも投げるのです…。

あとは、日頃から少しでもダーツを投げることの大切さを身を以て実感しました。
ここ2週間ほどは本当にダーツに時間を割いておらず、練習時間が0分の日も多々ありました。

 ダーツは感覚が大切なスポーツになってくるので、全く投げない日が続くとすぐに感覚が鈍ってしまいますよね。本当に実感…。
最初に投げた時の「コレジャナイカン」が気持ち悪くて仕方がなかったです。
やっぱり1日10分でも投げよう。そう思えたRTAでした。 

RTAで鈍った感覚を強引に取り戻す

おそらく、今日はオンライン対戦などに手を出していたら悲惨なことになっていたでしょう。
RTAに時間が取られてオンライン対戦まで出来なかったのがある意味でラッキーだったと言えます。3時間投げっぱなしでしたからね。
おかげで最近の練習不足のせいで鈍っていた感覚を取り戻せた気がします。 

鈍った感覚は「膨大な量」で強引に取り戻す。
荒療治ですがRTAの一つの活用法なのだと思います。RTA、万歳。