なよダーツ。

ダーツの総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!一緒にAフラ、AAフラを目指しましょう!

忙しい時期を乗り越えろ!ダーツの実力を落とさない為の練習メニュー

ダーツの忙しい時用練習メニュー

人間、生きていれば忙しい時期ってあります。

学生ならテスト期間、会社員なら決算期とかとか。

 

基本的に忙しさとは無縁の超暇人間の私ですが、最近は何だか忙しかったのです。

忙しすぎてダーツの練習ができないのは非常に困ります。

 

私は2日に1回は外でダーツを投げる外練習をしています。(家練習を含めると毎日投げてます)

何故かって?「怖いから」ですよ。練習をサボってダーツが下手になるのが。

ここ最近はその外練習もできないほど時間が無かった…。

 

私は考えました。時間がなくても効率よくダーツの練習が出来る方法はないか?と。

そこで色々と試した結果、効果が見込めそうな練習メニューを思いつきましたので紹介させていただきます。

 

 

家練習できる環境を整える

ある意味では一番大切かもしれません。外練習が出来ない以上、家にダーツ環境を構築する必要があります。

 

私もダーツライブ200Sを買っておいて本当に良かったと思えました。

忙しい時期を乗り越えるための相棒です。

 

多忙時期の練習の極意

忙しい時期を乗り越える練習の極意は3つ。

  • 死ぬほど集中する
  • ノルマを決める
  • 時間を決める 

死ぬほど集中する

短い時間で効率よく練習するためには「集中」が大切になってきます。

集中と言うと、体をカチコチに緊張させる人がいますが、それは逆効果。

スタンス、投げ方はあくまでいつも通りで。

 

手っ取り早く集中するには、ターゲットを見ること。見るじゃ足りませんね。「ガン見すること」。

一時も目を離してはいけませぬ。めちゃくちゃ疲れますが集中力を引き出すことができます。

↓ガン見ダーツについて

 

ノルマを決める

ダラダラ投げている時間はありませんから、「ノルマ」を決めてしまいましょう。

(ノルマについては後述の練習法で詳しく書きたいと思います。)

 

時間を決める

ダーツって楽しいですからね。投げていたら時間を忘れて投げてしまうこともあります。ノルマ達成に熱くなり、ついつい投げすぎることもあります。

 

ここはシッカリと最初に時間を決めて、アラームをセット。

万一ノルマを達成できなくても、アラームが鳴った時には強制終了を心がけます。

 

私は今まで「時間を決める」というのはやってこなかったのですが、やってみると効果てきめん。

アラームがならないうちにノルマを達成しなきゃ!という気持ちになれるので集中力も自ずと上がります。アラームは本当にオススメ。

 

多忙時期を乗り越える練習メニュー

では、肝心の練習法について。

私が使っていたゲームはカウントアップとクリケットカウントアップの2つ。

 

とりあえず、ノルマを決めてしまいましょう。

カウントアップのノルマ

カウントアップのノルマは少々キツめに。2時間投げ放題に行った時の最高得点くらいが良いでしょう。

達成出来るか出来ないかのギリギリを攻めます。

クリケットカウントアップのノルマ

クリケットカウントアップは正直、ちょっと難しいので少し緩めに。

ダーツライブのレーティングで、自分のレート+2のアベレージを目標に。

 

つまり

Bフライト(レート6)なら2.5

Aフライト(レート10)なら3.3

AAフライト(レート13)なら4.0

各々でご自由に調整お願いします。

 

忙しさレベル別 練習メニュー

忙しいと言ってもレベルがありますよね。

というわけで、忙しさレベルに合わせた練習メニューをご紹介。

レベル1 家練習なら出来るでござる

1時間をアラームでセット。

ノルマ達成を目指して集中して投げましょう。

まずはカウントアップのノルマを達成を目指します。

クリアしたらクリケットカウントアップへ移行。

 

ノルマを達成したら即終了!お疲れ様でした。

仮にノルマを達成できなくてもアラームが鳴ったら終了です。

 

レベル2 1時間練習なんて無理でござる

30分をアラームでセット。

無理をせずに、カウントアップのノルマ達成を目指して投げましょう。

クリケットカウントアップは余裕があればでOK。

 

レベル3 ゆっくりする時間なんて無いでござる

10分だけで良いんで、ダーツボードと向き合いませんか…?

カウントアップ1、2ゲームするだけでも感覚を忘れにくく出来ると思います。

まぁ、無理をせず程々に…。

 

レベル4 ご飯食べて寝るだけで精一杯でござる

お風呂場でも、エスカレーター乗っている最中でも空き時間に素振りしておきましょう。

苦肉の策ではありますが、やらないよりは絶対に良いはず。寝る時間はしっかり確保。

 

レベル5 ここ最近寝てないでござる

ダーツなんかしてないで寝ろ

 

まぁ、こんな感じでしょうかね。

ダーツを日頃から真面目に練習している人ほど、練習出来ない忙しい時期は心配になるもの。

効率よく練習することで、短時間でも実力降下を防止できます。

頑張って忙しい時期を乗り越えましょう…。