なよダーツ。

ダーツの総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!一緒にAフラ、AAフラを目指しましょう!

ダーツ:コンバージョンポイントのおすすめ5選|素材別、重さ別に紹介します!

日本人選手の活躍もあり、日本でも徐々に浸透しつつある「ハードダーツ」。
しかし、ハードダーツではソフトダーツとは違ったバレルが必要になってきます。
この道具の違いからハードルが高くなっていると言っても過言ではありません。

 

そこでオススメしたいのが「コンバージョンポイント」です。
コンバージョンポイントを使うことで、手持ちのソフトダーツバレルがハードダーツ用に活用することができます。
と言うことで、今回はコンバージョンポイントのおすすめをご紹介していきます。

 

コンバージョンポイントとは?

コンバージョンポイントを一言で言うならば金属でできたチップ。

ハードダーツとソフトダーツの一番の違いはバレルの先の素材です。

  • ハードダーツ=金属
  • ソフトダーツ=プラスチック

になっています。
コンバージョンポイントを使うことで、ソフトダーツバレルをハード用に流用できると言うことですね。

 

コンバージョンを買う意味

ハードダーツ用バレルも日本で入手しやすくなってきました。

ソフトダーツプロも続々と自身のプロモデルをリリースしています。

 

さらにはイギリスのダーツショップ(ダーツコーナーなど)を利用すれば、格安でハードダーツバレルを入手することも可能です。

そんな中、コンバージョンを買う意味とは何でしょう?

コンバージョンを買うべき人を2タイプ紹介します。

 

安くハードダーツを始めてみたい方

f:id:ankokoko:20200410184635p:plain

お金をかけずにハードダーツを始めたい方にコンバージョンはおすすめです。

格安でハードダーツを入手することも可能ですが、コンバージョンは安いもので500円〜とかなりリーズナブル。

流石に500円でバレルを買うことは出来ませんからね。

とにかく安くハードダーツを始めてみたいと言う人にはコンバージョンを考慮してみてください。

 

ソフト用バレルがたくさんお持ちの方

ソフトダーツ用バレルがたくさんある方にもコンバージョンはおすすめ。

ハードはソフトとは違った感覚が必要になってきます。

ソフトダーツとハードダーツは全くの別競技と言われるほどです。

そのため、自分にとって使いやすいバレルというのも変わってきます。

 

ソフトダーツでは何種類もバレルを買って、やっと使いやすいバレルにたどり着いたという方も多いのではないでしょうか。

ハードダーツも同じことが起こり得ます。おそろしい…。

 

コンバージョンを使うことで、今手持ちのソフトバレルが全てハード用にカスタムできるわけですから、こんなにお得なことはありません。

たくさんソフト用バレルを持っている方はコンバージョンを付けて、実際に投げてみてから理想のバレルを探っていくのが効率的です。

 

コンバージョンを選ぶポイント

f:id:ankokoko:20200410091313p:plain

コンバージョンはダーツメーカー各社が販売しており、それぞれ特徴があります。

一番の違いは「材質」。

材質によって重さや耐久度が変わってくるので、自分の使用用途に合ったものを選びましょう。

 

特に重さは重要な項目です。

  • ソフトダーツっぽく投げたい人は軽い材質
  • ハードダーツっぽく投げたい人は重い材質

を選べば間違いありません。

 

コンバージョンで使用される主な材料を軽い順に並べるとこんな感じ。

  1. メタルカーボン
  2. ジュラルミン
  3. チタン
  4. ブラス
  5. ステンレス

(規格やメーカーごとに重さは変わってきますので参考程度に)

ソフトダーツっぽく投げたいなら、メタルカーボンかジュラルミンが軽くておすすめです。

では、これらを踏まえつつ軽い順にコンバージョンポイントを紹介していきます。

 

【エルスタイル】ハードリップ

【ソフトチップと同じ感覚で使える!】
材質 メタルカーボン
長さ(mm) 25・30
重さ(g) 0.27・0.29

エルスタイルの名作コンバージョン「ハードリップ」。材質がメタルカーボンであり、非常に軽いのが特徴です。
ハードリップ(ショート)の重さが約0.27g。
ソフトダーツ用のチップは0.3g前後なので、ハードリップの軽さが分かります。
実際にソフトダーツと大差ない感覚で投げることができます。

 

弱点としては耐久性がイマイチな点。
使用を繰り返していると、どんどんチップが磨耗していって短くなっていきます。
真面目に投げていれば1ヶ月ほどで使い物にならなくなるでしょう。(ただし、2セット入りなので2ヶ月は持つかな?)

 

寿命の短さは気になるものの、現行でトップクラスの軽さを持つハードリップ。
ソフトダーツっぽく投げたいと言う人には使ってもらいたい逸品です。

詳しい記事→超軽量コンバージョンポイント【ハードリップ】

 

【エッジスポーツ】マスターチップα

【ジュラルミンの軽量コンバージョン】
材質 ジュラルミン
長さ(mm) 24.5
重さ(g) 0.59

マスターチップαはジュラルミンで作られたコンバージョン。
ジュラルミンはアルミの合金で強度があるにも関わらず軽量なのが特徴です。
マスターチップαはソフト用チップより少し重いかな?という程度に抑えられています。

 

本来、ジュラルミンを使ったアイテムは高価になりがちですが、流石はエッジスポーツ。700円ほどとかなり良心的な価格です。
耐久性が高く、軽量なコンバージョンが欲しい人に。

 

【ターゲット】チタニウムコンバージョンポイント

【安定した品質チタン製コンバージョン】
材質 チタン
長さ(mm) 26・30
重さ(g) 0.98・1.05

日本でも人気のダーツブランド「ターゲット」のコンバージョンはチタニウムを採用しています。
チタニウムは比較的軽量で耐久度も高いので、コンバージョンによく利用される素材。

 

ターゲットのコンバージョンの一番の特徴はその種類の多さ。
長さは26mmと30mmから選ぶことができ、色もシルバー、ゴールド、ブラックの3色。さらにはポイントの先のカットも多種多様です。
カットデザインはチップ指かけ派には特に重要。自分に合ったものを見つける楽しみがありますね。

 

【ハローズ】コンバージョンブラス

【ワンコインでコンバージョンが買える!】
材質 ブラス
長さ(mm) 36
重さ(g) 1.0

圧倒的安さで人気を集めているのが、ハローズのコンバージョンです。

その価格、およそ500円!ワンコインでコンバージョンが買えてしまう恐ろしい商品。

安いからといって侮るなかれ。ブラス(真鍮)でできており、適度な重さや形状からハードダーツっぽくダーツをカスタムできると評判のアイテム。
さらには耐久性も良いと、良いこと尽くし。
長年ハードダーツを作り続けてきたハローズの力作です。

 

【コスモダーツ】フィットポイント ステンレス

材質 ステンレス
長さ(mm) 22・25・28
重さ(g) 1.49・1.67・1.78

今回紹介する中で最も重い素材「ステンレス」。

チタンやブラス素材の1.5倍ほどの重さで確実に飛びが変化します。

よりバレルを前重心にしたい!と言う人には試して欲しいモデルですね。

 

重量もあり、耐久性としてもトップクラス。
少し高価なのがネックですが、長く使うことができるでしょう。
フィットポイントメタルは長さも3種類から選ぶことができるので、好みに合わせて選ぶことができます。(最長の28mmは約1.78g。重すぎる!)
よりハードっぽく前重心で投げたい人は使ってみると良いかと!

 

まとめ:おすすめコンバージョン

以上、コンバージョンポイントの重さ別おすすめリストでした。
最終的にはハードダーツを買うことをおすすめしますが、前段階としてコンバージョンを買うのは大いにアリ!
是非ともコンバージョンを使ってハードダーツの敷居を下げてハードにも挑戦していただきたいですね。ではでは〜。