なよダーツ。

ダーツの総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!一緒にAフラ、AAフラを目指しましょう!

2022年最新版|大容量ダーツケースのおすすめ6選|ガッツリ収納できるケースを集めました

f:id:ankokoko:20200305151616p:plain

ダーツ歴が長くなってくると、嫌でもバレルは増えていきます。
私自身も熱心にバレルを集めているわけではありませんが、いつまにか10セットほど持っていました。バレルって怖い。

そんなレベルになってくるとコンパクトなダーツケースでは物足りなくなってくる方も多いことでしょう。

こうなってくると、ダーツの大規模収納システムを導入する必要がありますね。
今回はダーツバレルが増えすぎてしまったあなたのために、ダーツの大容量ケースのおすすめを発表します。

ダーツの大容量ケースとは?

ケースマスター ダーツ用アルミケース 3セット収納可能 ※内容物は属しません※ [並行輸入品]

ダーツの大容量ケースはダーツ用品をたくさん詰め込むことができる夢のボックスです。

この記事では紹介する大容量ケースは

  • バレルを2セット以上を収納可能
  • フライトやシャフトを収納するためのスペースも充実

この2点が揃っているケースにしました。
一か所にダーツ用品をまとめることができるのがメリットと言えるでしょう。

持ち運び可能な大容量ダーツケースも!

ターゲット タコマ ウォレット XL ダーツケース ブラック 125828

大きなケースになるので、基本的には家に置いておくことが前提となっていますが、持ち運びにも適した大容量ケースもあります。
あれもこれもダーツバーに持っていきたい!と考えている欲張りさんは持ち運びしやすいケースを選ぶと良いでしょう。

最近ではソフトダーツとハードダーツの両方を嗜む人が増えてきました。
そんな人にもオススメできるのが大容量ダーツケースです。
ソフトダーツとハードダーツの両方を持ち運びできるケースを選ぶことでどちらにも対応できる両刀ダーツァーになれますよ。

では早速オススメの大容量ダーツケースを紹介していきます!

【ターゲット】タコマ ウォレットケースXL

【超万能型大容量ダーツケース】

日本でも大人気のターゲット社の大容量ダーツケースです。
ターゲットってスタイリッシュなダーツアイテムを多くリリースしています。
このケースも非常に洗練されたデザインをしています。
カラーも7色展開!シックなブラックからポップなカラーまで豊富。

3セットのダーツを収納することができ、そのうち2セットはフライトを付けたまま収納することができます。成型フライトを使っている人には非常にありがたいですね。
ポケット類も充実。シャフト、フライト用のジップ付きポケットや、他にも大きめのポケット。ダーツカードを収納できるカードポケットまで設置されています。

少々大きいですが、持ち運び可能なレベルの大きさ。
自慢のダーツ用品を詰め込んでダーツバーに持っていくことができます。

【ハローズ】ブレイズ プロ12

【ダーツ4セットを収納可能な最大級ケース】

今回紹介するケースの中でも最大の収納量を持つ「ハローズ:ブレイズ プロ12」。
ダーツをセッティングしたまま4セット格納できるモンスター級のダーツケースです。
ケース中央部にはシャフトとフライトの収納ポケットが16個ついており、小物の収納も完璧。

サイズが20cm×21cmでかなり大きいので持ち運びには向きませんが、家でダーツを綺麗に収納したい人には刺さるケースだと思います。

【レッドドラゴン】ファイアストーン2

【ソフトも考えられた海外製ダーツケース】

知る人ぞ知るダーツ老舗ブランド「レッドドラゴン」。
日本でも大人気のピーターライトのスポンサーだったりします。

ダーツを3セット収納可能で、その内1セットはフライトを付けたまま収納することができます。(成型フライトは潰してしまうため、収納は難しいかも)
その他のポケットも充実。カードを入れるポケットもあるのでソフトダーツプレーヤーからも人気の高い大容量ケースです。

個人的にオススメなのは、ピーターライトのアイコン「スネークバイト」がプリントされているケース。

【ピーターライトのアイコンがド派手なケース】

ピーターライトらしくカラフルなヘビのイラストがカッコイイ!

ダーツ好きが集まるダーツバーでこのケースを使えば話が広がること間違いなし。
ただ、人気が高く売り切れが多いので、運よく見つけることができたら即購入を推奨です。

【ハローズ】ウォレットケース Z800 

【ダーツ以外も収納できる大容量ポケットあり】

ハローズ社の超大容量ダーツケースです。
ダーツ専用ポケットにはダーツを2セット入れることができます。

ポイントは大きなポケット。
別売りのダーツキャディーを使うことで、形成フライトを痛めることなく保管することができたり、アームサポーターなどのかさばるアイテムを収納することができます。
自分に合った使い方ができるのが嬉しいですね。

その他、小物ポケットも充実しているので多くのダーツァーはZ800にすべてのアイテムを保管することができるでしょう。
確かに少し大きめですが、持ち運びできないレベルではありません。
むしろ、アームサポーターなどのアイテムをまとめることができるので、あれもこれも持ち運びたい!と言う人にはおすすめのダーツケースです。

【ウィンモー】スーパーダーツケース

イギリスの老舗ダーツブランド「ウィンモー」の大容量ダーツケースです。
世界的に有名なウィンモーですが、日本ではメジャーなブランドとは言えません。
人と被りたくないダーツケースを探している方にオススメしたいですね。
ダーツが2セット、シャフトが6本収納でき、フライト用ポケットも4つあります。

ただし、海外製のダーツケースなので日本のダーツ事情と微妙にずれているのが残念。
フライトを取り外さないとダーツが収納できないので、成型フライトを使っている人は注意が必要です。

【ケースマスター】ダーツ用アルミケース

【アタッシュケース型ダーツケース】

アタッシュケース型のダーツケース。コチラのケースは完全に家の据え置き用ですね。
ケースマスターのケースは何種類タイプがありますが、一番大きなタイプは3セットのダーツを保管可能。
据え置き型らしく、フライトを付けたままで3セットのダーツを収納できるのは強みです。

他のポケットもダーツのことをよく考えた構造。
すべてのアイテムを一望できるので、見せる収納としても使うことができるでしょう。

まとめ:ガチダーツァーには大容量ケースを

今回は持ち運びに便利なコンパクトケースとは別路線で大容量ケースをご紹介しました。
ダーツのヘビーユーザーとなるとダーツグッズも膨大な種類になりますからね、そんな人にこそオススメしたいですね。
最近ではハードダーツも流行していますから、ソフトとハードで分けるという使い方もできます。
ともかく、ガチダーツァーなら家に一つ大容量ダーツケースを用意しましょう!

コンパクトダーツケースをお探しの方はこちらをどうぞ。