なよダーツ。

ダーツの総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!一緒にAフラ、AAフラを目指しましょう!

2020年最新版|おすすめダーツケース10選|容量&持ち運びに優れた[コンパクトケース編]

マイダーツを買ったからには必ず買って欲しいのがダーツケースです。

マイダーツに付属しているケースを使っている人がいますが、正直ダサい。

使い勝手もすごく悪いんですよ。

せっかくマイダーツを買ったならダーツのために家を用意してあげましょう。

 

一口にダーツケースと言っても、いろんなタイプのダーツケースが存在しています。

材質、収納容量、デザイン…。

今ではダーツケースの種類も多く、自分の使用用途によって選ぶことができます。

 

今回は一番初めに買うべき、コンパクトなダーツケースをご紹介していきます。

では、行ってみましょう!

 

コンパクトダーツケースとは?

コンパクトケースとは、基本的にダーツが1セットしか入らず、小物などの収納量も少ないケースのことを指すことにしましょう。

 

コンパクトケースを使うメリットは、何といってもその持ち運びやすさ。

小さなケースゆえに仕事、学校にも持っていける手軽さがあります。

仕事帰り、学校帰りにダーツをするのはよくあるシチュエーションですが、そんな時にも対応できるのがコンパクトケースなのです。 

 

最初は持ち運びたいダーツ用品も少ないと思うので、コンパクトなケースで十分だったりするので初めてのダーツケースとしても最適。

コンパクトケースとともにマイダーツを連れ出しましょう!

 

コンパクトケースを買う時の注意点3点

コンパクトケースを買う時に注意しなけらばならないことが3つあります。

小物が入るか?

ダーツケースの収納量

ダーツをしていると意外と小物が必要ですよね。

  • 予備のチップ
  • 予備のフライト
  • シャフト
  • ダーツカード

などなど。

コンパクトケースには小物が収納できないケースも多いです。

持ち運びたい小物の量を一度把握してからダーツケースを選ぶことをおすすめします。

 

耐久度は?

コンパクトケースはその身軽さゆえに、いろんなところに持ち運ぶことになるでしょう。ここで大切になってくるのがダーツケースの耐久度です。

仕事、学校に持っていくことを考えると、丈夫なケースに越したことはありません。

本やパソコンに潰されることだってありますから。

 

ダーツはそのまま収納できるか?

形成フライトをそのまま収納できるダーツケース

現在日本で主流なフライトが、成型フライトと呼ばれるものです。

成型フライトは折りたたむことができません。

成型フライトをそのまま収納できるかが、コンパクトケース選びの大切なポイントになります。

 

いくら小さくてコンパクトなダーツケースだったとしても、成型フライトが入らないなら一考する必要があります。

成型フライト愛用者はこのポイントをよく確認するようにしましょう。

 

ではこれらの点を踏まえつつ、おすすめのコンパクトケースの紹介をしていきます!

 

[モア]全知全能ダーツケース

【ダーツケースの最高傑作】

モアの全知全能ダーツケース。「全知全能」とは大きく出たものですが、実際にその名に恥じない高機能なのです。

私自身、様々なダーツケースを使ってきましたがダーツケースの中でも最高傑作と言って良いと思えるほどの出来だと思っています。

 

全知全能ダーツケースは、ダーツが2セット収納することができます。

このコンパクトさで2セットのダーツを収納できるダーツケースはかなりレア。 

ダーツやっていると、バレルをいくつも持っていたり、ハードダーツを始めたりとダーツが1セットしか入らないケースだと物足りなくなってしまうものなのでかなり便利です。

しかも、コンパクトながら、最低限のダーツ用品が収納できます。ダーツカード、チップ程度なら問題なく持ち運び可能。

 

ビジュアルに好き嫌いがありますが、一度使ったら元に戻れなくなると思いますよ!

詳細レビュー:全知全能ダーツケースをレビュー|ダーツケースの最高傑作!!?

 

[トリニダード]ポリゴン

【安定感の高い自立機能付き!】

シンプルでありつつ個性的なデザインのダーツケース「ポリゴン」。

開けた状態で自立させることができ、その安定感は抜群。

ダーツバーなどの小さなバーテーブルでも邪魔になることがありません。

 

蓋を開けた状態でひっくり返すとダーツが出てくるので、ダーツのスタートも非常にスムーズ。使いやすさ、収納量ともに高得点です。

ガッチリとした作りなので長く愛用できるでしょう。

 

[カメオ]ガーメント2

カメオの充実な収納スペースを持つダーツケース「ガーメント2」。

  • ダーツ2セット(一方はフライトを付けたまま収納可)
  • シャフト×6
  • カードケース
  • チップケース
  • フライトケース

と、コンパクトケースでありながら、これ一つでダーツの道具が全て収納出来てしまう容量が魅力。

大容量のダーツケースになると、どうしても野暮ったいデザインが多いものでが、流石はカメオ。ガーメント2はビジュアルも決して妥協しておらず、なかなかカッコいい。

 

ガーメント2の中にはカメオの「ドロップインケース」が付属されています。

ドロップインケースは「長さ調整機能」がついています。 

マイダーツの長さに合わせた8段階のダーツケースの調整をすることで、コンパクトに持ち運びつつ、ケース内でダーツが暴れる事を防止することができます。

 

さらに容量が欲しい人はガーメント2.5、ガーメント3も選択肢に入ってきます。

どんな人にもオススメできる王道ダーツケースです。

 

[トリニダード]トイロング

カジュアルな見た目の「トイシリーズ」。驚くべき軽さ(68ℊ)と見た目からは想像できない耐久度がポイントです。

プラスチックケースと違い、落としても踏んでも問題なし。非常に丈夫なダーツケースです。

小物類を収納できるポケットもなかなか大きく、持ち物が少ない人はこれだけで不自由なくダーツが可能です。

見た目も可愛らしいトイ。ぱっと見でペンケースにも見えるので、普段のバッグにさり気なくどうぞ。

 

トイにはショートサイズとロングサイズが用意されているので、お好みの方を選択しましょう。

最近は長めのバレルが流行っていることもあり、トイロングの方がオススメかな。

参照:トリニダードのダーツケース「トイ」が安い、コンパクト、おしゃれ。 

 

[ディークラフト]EVAダーツケース

影で名作と言われているのがディークラフトの「EVAダーツケース」。

2000円を切る激安価格で確かな性能を持っていると評判が高い。

作りとしては前述の「トイ」とかなり近い。

コンパクトでありながらフライトを装着したままで収納可能ですし、小物入れも十分。

 

デザインは味気ないですが、とにかく安いダーツケースが欲しい!予備としてダーツケースを用意したい!と考えている方には最良の選択肢だと言えるでしょう。 

 

[トリニダード]オールアルミケース スリム

【耐久性抜群でダーツをしっかり守る!】

オールアルミケースの見た目はまるでアタッシュケース。アルミで作られており、軽さと堅牢性を実現しています。

シンプルでありながら、他にないアルミケースで存在感も抜群。

 

ダーツケースとしても秀逸で、

  • ダーツを1本1本固定するスポンジ
  • シャフトとチップの専用ホルダー

とダーツ専用に考えられた堅牢な家とでも言いましょうか。

収納力も抜群で、基本的にダーツ用品は軒並み収納できてしまいますね。

マイダーツをガッチリと守りたいという人にオススメです。

 

[エルスタイル]クリスタルワン

【組み合わせ自由なダーツケース】

Lスタイルのクリスタルワンはとにかくカラーが豊富。パープルや、ピンク、イエローなどダーツケースにしては珍しいカラーが用意されています。

しかも、パーツごとに色を変えて自分オリジナルのダーツケースを作れるという遊び心まで。プラスチックでありながら安っぽさの無い質感が人気だったりします。

 

フライトを付けたまま入れることができるダーツケースなので収納も楽々。

延長パーツも付属しているので、長めのセッティングをしている人にも嬉しいですね。

小物を入れることはできませんが、ストラップホルダーが付いているので小さなポーチなどを付けて弱点を補うこともできます。 

 

[カメオ]ビジネスケース2 

【超コンパクトでスタイリッシュ!】

コンパクトさを追求したダーツケース「ビジネスケース2」。縦135mm×横70mm×厚さ18mmの超コンパクトです。

この大きさ分かりますか?スマホとほぼ同じ大きさです。

その大きさゆえに成型フライトを収納することはできず、強制的に折りたたみフライトを使わなくてはなりませんが、この小ささはやはり魅力的。

 

チップを収納する場所やフライトを収納する場所もあるので、ミニマリストの皆さんはこのダーツケースをポケットに突っ込んでフラッとダーツバーに遊びに行くことも可能です。

詳細レビュー→カメオのダーツケース[ビジネスケース]をレビュー

 

[ターゲット]ゼニス ウォレット

【シンプルでカッコいいケースといえば!】

イギリスの老舗ダーツブランドであるターゲットのダーツケース「ゼニス」。 

海外のダーツケースはシンプルで合理的なケースが多いもの。このゼニスも流石は海外製。

余計な装飾をきっちりと排除したデザインに惚れ惚れします。合成革を使用しながら高級感のある質感に仕上がっています。

 

チップやシャフト専用の収納スペースも用意されており、性能としても申し分なし。

多少大きいのが気になりますが、それはご愛嬌ということで。

 

[ティガ]ハイパーソフトシリコンダーツケース

ちょっと変わり種を一つ。ティガのハイパーソフトシリコンダーツケースです。

その名の通り、シリコンでできた珍しいダーツケース。

シリコン特有の柔らかさでダーツを守ったり、ダーツ同士の干渉音を抑えることができます。

 

そして、シリコンの特性を生かしてダーツケースを丸洗いが可能。

酔っ払った勢いでダーツケースにドリンクをこぼした経験ありませんか?

私はあります(笑)そんな時にも綺麗に丸洗いできるケースというのはありがたい。

 

自分に合ったダーツケースを探し出せ!

いかがだったでしょうか?今回は最初ダーツケースとして、サブのダーツケースとして重宝するコンパクトなケースをご紹介しました。

ダーツケースは大切なマイダーツの家。是非ともお気に入りを見つけてみてください!

 

コンパクトなケースには収まりきらない…。

そんな人におすすめの大容量ダーツケースのおすすめランキングもあります。ご参考にどうぞ。