なよダーツ。

ダーツの総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!一緒にAフラ、AAフラを目指しましょう!

エスフォー(S4)の新作バレル【斬月】レビュー|無月との違いと進化を解説

エスフォーのダーツバレル斬月のレビューブログ

エスフォーの新作バレル「斬月」はどんなバレルなんだろう?
無月との違いはなんだろう?

そんな疑問に答えます。

この記事の内容
  • 斬月のレビュー
  • 斬月が向いている人の特徴

この度、エスダーツの2022年福袋にて、エスフォー(S4)の新作バレル「斬月」を先行入手しました。
今回私がエスダーツの福袋を買った理由の8割が斬月を入手するため。それくらい期待を持っていました。

↓エスダーツ福袋について
ankokoko-darts.hatenablog.com

ストレートバレル愛好家として、さまざまなバレルを使ってきた経験を活かしつつ、斬月を徹底的にレビューしていきたいと思います。では、行ってみましょう!

エスフォー斬月とは?

エスフォーのダーツバレル斬月のパッケージ

エスフォーの新作バレル「斬月」は巷を騒がせた「無月」の姉妹バレルです。

【エスフォー】

無月はシンプルなストレート形状のバレルにカットを載せないノーグルーブを採用したバレルです。
あまりにもシンプルすぎるその形状は、まさに「金属の棒」。

全国のストレート愛好家がこぞって買い求めて一時は品薄が続くほどの人気っぷりを見せてくれました。

そんな無月の人気に味を占めたのか、その後もエスフォーは無月の姉妹製品をリリースしてきました。
カットに面を取り入れた「玖月」、ジョーカードライバーとコラボした「無月インスパイア」と派生シリーズが展開されました。

ブリーチ月牙天衝

そんな無月派生の新作が、今回紹介する「斬月」です。無月から「月」の名を引き継ぎ「斬月」に。
ブリーチとは関係ありません。月牙天衝は撃てません。多分。

斬月はエスダーツの2022年福袋にて先行販売されました。
2021年12月現在、まだ普通に買うことができず、斬月が欲しい人は福袋を買わなくてはなりません。
先行販売なので、そのうちに普通に店頭に並ぶようになるのでしょうが、それがいつになるのかは謎です。

斬月が向いている人

エスフォーのダーツバレル斬月のグリップ

詳細レビュー前に斬月が向いている人の特徴をざっくりとご紹介。

  • 指抜けが抜群のバレルが欲しい人
  • シンプルなストレート形状バレルを探している人
  • コスパの良いバレルが欲しい人
  • 前重心、後ろ重心を切り替えて楽しみたい人

これらに当てはまる人は迷わず斬月をチェックしてみてください!

エスフォー斬月レビュー

エスフォーのダーツバレル斬月のセッティング

さて、斬月のレビューをしていきます。まずは斬月の基本スペック。

斬月 無月
材質 タングステン90% タングステン90%
全長 47.0mm 47.0mm
最大径 6.7mm 6.7mm
重量 18.5g 18.5g
重心 リアorフロント センター
カット マイクロリングカット ノーグルーブ
価格 7500円前後 7150円

元ネタである無月も隣にスペックを載せてみましたので、比較をしてみてください。
重量や全長、最大径は無月と変わらないスペック。
ここ数年のトレンドである、少し長め&少し重めの設計になっています。
幅広い人が使いやすいと感じるスペックに仕上がっていますね。

0.2mmのマイクロリングカット

エスフォーのダーツバレル斬月のマイクロリングカット

斬月と無月の一番の違いがカットの有無です。
無月がカットが一切ないノーグルーブバレルであるのに対して、斬月は0.2mmのマイクロリングカットをバレル全体に搭載しています。

想像とは逆のマイクロリングカット効果

0.2mmのマイクロリングカットは、リングカットの中でも最細レベルの緻密なカット。
存在感が少ないカットなので、
「無月のノーグルーブはちょっと使いこなせる自信がない、もう少しカット感が欲しい」
斬月はそんな人にオススメなバレル…と思っていた時期が私にもありました。

実際に使ってみると想像の真逆だったのです。
確かに、グリップをしてみるとマイクロリングカットの細やかな引っ掛かりを感じます。

しかし、リリース直前の手からバレルが離れる瞬間は、驚くほどカット感がありません。
指のコンディションにもよりますが、下手をすると無月よりも滑りやすい。
スルッとすっぽ抜けてしまうことが多々ありました。

理由としては、マイクロリングカットを搭載して指との設置面積の減少したからでしょう。
存在感が少ないカットなので、カットとしての引っ掛かりよりも、設置面積が少なくなったことの指抜けの良さが勝りました。

まさか無月よりも指抜けが良いとは想像できませんでした…!

特に、乾燥肌の人は、より一層滑りやすくなるでしょう。
冬は指が乾燥気味になる人も多いはず。そんな方は、指のコンディションを一定にできるような工夫が必要だと思いました。

リバーシブル機能あり

斬月の特徴の一つがリバーシブルで使えるバレルという点です。
外見からは見分けがつきませんが、斬月の内部は深くエグられている側と、浅くエグられている側があります。
つまり、重心が意図的に中央部からズラされているのです。
ストレートバレルで前重心にしたいバレルには採用されていますね。

斬月はフライトとチップをつける方向を変えるだけで、前重心バレルと後ろ重心バレルに変身させることができます。 左右対称で形状とカットが変わらない斬月だからこそ、違和感なく重心を変えることができますね。

基本は前重心に

斬月は前重心になるようなセッティングが基本でしょう。
まるでスティールダーツを投げているかのような、鋭い飛びを見せてくれます。

バレルの後方をグリップしたい人は後ろ重心にセッティングもアリ。
シャフトを握り込むようなグリップをする人も安定感を持って飛ばせることができます。

よくグリップやセッティングを変更する人にとって斬月はめちゃくちゃコスパが良い。
2種類のバレルを買ったような満足感がありますよ。

セッティングをコロコロと変える自分にとっては楽しいオモチャです笑

まとめ:斬月レビュー

以上、エスフォーの新作バレル「斬月」のレビューでした。
斬月の価格はエスフォーというブランドであることを考えると7500円程度に落ち着くことでしょう。
この価格で、最高峰の指抜けとリバーシブル機能がついていると考えると、斬月はかなり買い!のバレルと言えます。
気になった方は是非ともチェックしてみてください!

斬月の個人的な総合点は90点。
スペックに不満はありませんが、指のコンディションに左右されますので、扱いがちょっと難しいかも!

斬月を買うには?

2021年12月現在、斬月はエスダーツ福袋からしか入手ができません。
5000円以上お得になる福袋なので、斬月が気になっているならばチェック!

→エスダーツ2022年福袋のレビュー

斬月の元ネタ「無月」
【エスフォー】