なよダーツ。

ダーツについての総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!一緒にAフラ、AAフラを目指しましょう!!

ダーツでOリングは絶対使うべき|シャフトが緩んで気になる人へ

SPONSORED LINK

最近、アルミシャフトと紙フライトにハマりだしました。海外選手のまねごとです、はい。

 

紙フライトは想像以上に楽しい…!

デザインが豊富&素材によって表情が変わる、という紙フライトのメリットにメロメロになっている私ですが、一つ問題が。

「シャフトがメチャクチャ緩むねん!」

という訳で、シャフトのゆるみを解消するべく、Oリングを使ってみることにしました。

今回はシャフトが緩まなくなる魔法のアイテム「Oリング」について。

 

ダーツのOリングとは??

Oリング、それはダーツに取り付ける小さな小さな輪ゴムです。

以前にフライトプロテクターという地味なダーツアイテムを紹介しましたが、存在感ではOリングも相当に地味なアイテムと言えるでしょう。

(参考:ハードダーツやるなら「フライトプロテクター」を買っておこう!

 

これ。

ダーツ オーリング ハローズ

 

これ!!

ダーツ オーリング

Oリングはシャフトのネジ山部分に挿入して使います。

シャフトのネジ山にOリングをはめて、いつも通りバレルとシャフトを付けるだけ。簡単でしょ。

たったこれだけのアイテムなんです。

しかし、ゴムとの摩擦でシャフトの緩みをかなり軽減することができるのです!

アルミシャフトは緩みやすい。

最近、初めてアルミシャフトを使ってみました。

 

丈夫でカッコイイ、フライトが外れにくいとメリットがたくさんでお気に入りなわけですが、弱点が1つ。

メチャクチャ緩みやすいんですよ、アルミシャフト。

たしかに、プラスチックのシャフトも緩むと言えば緩むのですが、アルミシャフトほどではない。

バレル=金属 シャフト=金属

で金属×金属はものすごく緩みやすいんですよね。(プラスチックだと適度な柔らかさから緩みにくいのです)

 

さらに私が買ったアルミシャフトはイギリスからの輸入品。おそらく品質的にも優れたものではないのでしょう。

(参考:ダーツコーナーで買ったもの一覧|この安さでハードダーツが買える…!

 

どれくらい緩むかと言いますと、

シャフトをきつく締める→一度投げる→緩んでいる

は????たった一投しただけなんですけど!

 

これではいくらアルミシャフトにメリットがあろうとも、ストレスの塊です。

と言うわけでOリングを使ってみることにしたのです。

 

作戦は成功。Oリングを咬ませるだけで、全く緩まなくなりました。

これにはビックリ。ここまで変わるものなのかと。

一投ずつ締めていたストレスとはさよなら。1ゲームに一度締めるかどうかと言ったところ。素晴らしい。

 

コンドル ダブルアタッチメントが優秀すぎた。

Oリングを使うにあたって問題点が。

Oリング付けるの難しすぎ!!

Oリングは先ほどご紹介した通り、小さい。この小さなOリングをシャフトのネジにつけるなんて私には「「「無理」」」。不器用なんですよ。

ネジ山に引っ掛けてOリングを切ってしまったこともありました。

 

しかし、探せばあるんですね。Oリングをラクに取り付けることのできる便利アイテムが。

それが「コンドル ダブルアタッチメント」です。

これをシャフトに取り付けてOリングをスルスルっと入れていくと簡単にOリングを取り付けることができます。

 

① シャフトにダブルアタッチメントを取り付けます

オーリング取付 コンドル

 

② Oリングをアタッチメントから入れていく。

ダブルアタッチメント オーリング取り付け

 

③ はい、簡単にOリングを取り付けることができます。

Oリング取り付け

使うと分かるはず。超便利っっ!

特に私のような不器用な輩には必須なアイテムです。

Oリングアタッチメントはコンドルがおすすめ

実はコンドル社以外にも、似たようなアイテムを発売しているんです。

ターゲットとか、ハローズとか。

しかし、個人的にはコンドルがおススメですね。

 

理由が二つ。

一つがキーホルダー付きだということ。キーホルダーが付いてることで、ダーツケースなどに付けておくことが可能です。小さなアイテムですから、紛失防止に役立ちます。

 

もう一つが、コンドルチップのチップロックとしても利用できるということ。

コンドルチップ愛用者ならわかると思うのですが、コンドルチップには側面に穴が開いています。この穴に専用のチップロックを入れて回すことでシッカリとチップを締めることができます。

 

ダブルアタッチメントならば別途チップロックを買う必要もありませんし、コンドルチップ愛用者は買わない理由なんてないですね。

シャフトにはOリング。これ、常識。

私は今までOリングを使ったことがありませんでした。(コンドルフライトばっかり使っていましたし)

しかし、ハードダーツの人気とともに再び市民権を得てきた紙フライト&シャフト。

これから先、アルミシャフトを使う人も増えてくるでしょう。シャフトが緩んで気になる、と言う人は是非是非Oリングを使ってみてください!ダーツにおけるストレスが1つ減りますよ!!