なよなよがダーツでAAフラを目指す

ダーツにはまりすぎて人生が変な軌道に乗りかけている人間のブログ。練習量ですべてをカバーしようとしてるバカ。

ダーツの効率の良い練習時間を把握するのが上達のコツか。


スポンサードリンク

私、なよなよは現在、ダーツに多大な時間をかけています。

今はなんとかダーツに時間がさけるのです。

これを逃すまいと全力投球している次第です。

 

しかし、そんな時間が長く続くわけもなく、何処かで行き詰ることは明らかです。

そこで考えなくてはならないのは練習について。

 

 

練習時間、練習方法について考えておく必要があります。

 

まず、自分の集中力が続く時間を把握する必要があります。

 

ダーツは大好きです。お金と時間が許すならば一日中やっていたい。

しかし、一日中ダーツをしても途中から集中力が切れてベストなパフォーマンスを発揮できなくなる事は目に見えてます。

 

 

私がベストなパフォーマンスを発揮できるのは1時間半です。

そしてベストなパフォーマンスにするためのウォーミングアップが30分。

合計2時間が私にとっての効率の良い時間です。

 

そのため、2時間を1セットとして練習しています。たとえば、5時間の投げ放題で店に入って2時間練習+30分休憩+2時間練習+ご褒美。

 

そして次に考えるのが週にどれほど練習するか。

これは少なくとも二つのことを把握する必要があるかと思います。

 

  • 現在の実力をキープするために必要な練習量。
  • 実力を上げるための練習量。

 

この二点。

ダーツは感覚に頼る面が多いスポーツです。

そのため、実力をキープするのにもコンスタントな練習が必要です。

もちろん、実力が高いほどキープすることが困難になります。

 

まず、「週にこれだけやれば最低限キープできる!」という練習量を見つけましょう。

 

 

これが分かれば上達は簡単。

最低限の練習量以上の練習をすればよいのです。

 

私は最低でも週に4日はしっかりと投げる練習が必要。

上達を考えるならば、やはり毎日の練習が好ましい。

難しいですけど、なんとか時間を作ってやっています。

 

ダーツに限らず、どんなものも結局はどれだけ時間をかけることができたか。この一点です。

 

そうと決まれば!練習してきます・・・。