なよダーツ。

ダーツについての総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!一緒にAフラ、AAフラを目指しましょう!!

コンドルチップアルティメットをレビュー|これはバレルの改造アイテムや!

SPONSORED LINK

発売日にニヤニヤしながら買って今日まで使ってみた「コンドルチップアルティメット」について書きたいと思います。

 

まず、パッケージはこんな感じ。

 

コンドルチップアルティメットパッケージ

通常のコンドルチップよりも高級感があります。

 

そして、コンドルチップアルティメットがこちら。

コンドルチップ コンドルチップアルティメット 比較

 

比較として通常のコンドルチップ(赤色)も一緒ですが、何といっても「ゴツイ!!」。

長いのも気になりますが、それよりもゴツさがすごいです。

 

アルティメットの気になっていたこと

ではコンドルチップアルティメットの気になっていたことを挙げてみます。

  • 耐久性は?
  • 刺さりやすいの?
  • 使いやすいの?

私はこの3点が気になっていました。

一つ一つ私なりの回答を。

耐久度は抜群!コスパよし!

耐久性は流石はコンドルといったところです。

あんなにも長いのに一向に折れる気配がありません。

 

私はアルティメットが発売から4日間、毎日3時間は投げていましたが折れることはありませんでした。

本当に驚異的です。耐久度は申し分なし。

 

チップは折れるまで使う!という人は長期間にわたって使い続けることができるでしょう。コスパ抜群です。

 

刺さりやすさも合格!

刺さりやすさも気になっていました。

チップを長くしてくれるのは嬉しいのですが、刺さりにくかったり、ダーツに支障が出るようでしたら意味がありませんから。

 

使ってみた感想としてはアルティメットは刺さりやすさは従来のコンドルと大差ないと思います。

 

余程の変な軌道でダーツを投げない限りは問題なし。

普通のコンドルと同様に非常に使いやすく仕上がっていました。素晴らしい!

 

コンドルチップアルティメットを使うメリット

さて、一番大切なアルティメットを使うことで得られるメリットについてです。

もはやアルティメットはチップの枠組みの外、ダーツの改造アイテムと化しました。

 

どういう事かといいますと、アルティメットを付けることで、バレルを長くする擬似的に効果があるということです。

  

ポイントは何といってもチップの根元。

コンドルチップアルティメット 根本

 

ここが太く作られていることにより、指をチップにかけるという行為が非常にしやすいのがアルティメット。

 

早い話、バレルを少し長くすることが出来るのです。

バレルの重心をほとんど変えずにバレルの前方を長くするんですよ。

アルティメットはバレルの改造アイテムとも言えます。

 

この改造のおかげで、本来できなかったグリップが可能。

 

迷える中指の置き場にどうぞ

私の場合、以前は中指の置き場所に困っていました。

中指をしっかりと置くためにもう少しバレルが長くあってほしかったわけです。

そのためロングバレルを買うことを予定していたほどです。

 

しかし、アルティメットがあれば悩みは解決。いやー、助かりました。

もう少しこのバレルを使いたかったので・・・。

 

たった数百円でバレルを拡張できるってすごくないですか?

一度は買ってみてほしいのがこの理由があるからなんです。

ちょっとバレルを長くしてみると、案外しっくりとするグリップが見つかるかもしれません。試してみる価値アリです。

 

アルティメットをつけて投げ込んでみて、延長部分を全く使わなかった!という人は普通のコンドルチップに戻すとよいかと。(普通のコンドルチップのほうがちょっと安いからね)

 

とりあえず一度は手に取っていただきたい!

 

アルティメットの弱点・・・?

では、アルティメットに弱点はないのかという話。

うーーん。これといった不満点は見つからないですかね。

 

ただ、ダーツが長くなるので、ぎりぎりの大きさのダーツケースを使っている方は注意です。

いちいちチップを外してダーツを収納は面倒ですから。

 

それと、アルティメットの長さのせいなのか、通常のコンドルに比べてねじが緩むのが早い気がします。(私の勘違いかな)

 

これはチップロックを使ってギチギチに締めれば解決しますが。

そういった意味ではチップロックは必要になるかもしれません。

コンドルチップアルティメットの今後にも期待!

とにかく、私にとっては大満足のチップでした。

先ほどの改造という面から、一度は使ってみてほしいチップですね。

 

人気商品になったらきっとカラーバリエーションも増えてくれるはず。

ちょっと期待しつつ使いこもうと思います。