なよダーツ。

ダーツの総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!一緒にAフラ、AAフラを目指しましょう!

音楽を聴きながらダーツの練習はアリ?音楽の必要性と使い方について

ダーツをしながら音楽を聴くのはアリなのか?

お気に入りの音楽を聴きながらダーツをする。なんとも楽しい練習になりそうです。

しかし、それは本当に自分のためになっていますか?

今回はダーツの練習中に音楽を聴くのはアリかナシかと言う話です。

 

 

音楽を聴きながらのダーツは「ごまかし」か??

私は音楽は聴かないようにしています。

というのも、音楽を聴くということは、ダーツの練習を少しでも楽なものにしようとする心の表れだと思っているからです。

中高のテスト勉強の時に音楽を聴くことと似ているかな。勉強が楽しくないので音楽でごまかしているといいますか。

 

集中力を高める一番の方法が「絞る」

ダーツを始めるにあたって、集中力に関する本を読み漁ったことがありました。

そこで共通して書かれていたのが、集中力を高めて行動したいときはやりたいこと1つに絞るということでした。

  

個人差はありますよ、音楽を聴きながら器用にダーツをこなす人だっています。

けれど、そんな人こそダーツに絞れば極限の集中力を発揮できるのではないかなぁ。

 

私はそんなに器用でもないので音楽を聴きながらダーツをしていません。

例外として、集中力が完全に途切れた場合はお気に入りの曲を聴きながらカウントアップなどで気分転換します。

 

騒音への対処法

しかし、問題になるのは騒音ですよね。

ダーツという競技の特性上、周りがガヤガヤと騒がしいことが多いです。

 

遮音のために音楽を聴いているという方もいるのではないでしょうか。

私も以前までの目的が騒音対策でした。

ただ、騒音の中でも集中力が発揮できるのが本当の猛者。大会などは騒音まみれ。

集中力を発揮するためには普段の練習から慣れるしかありません。

 

どうしても騒音が気になるときは「耳栓」

そんなこと言っていても、うるさい時はうるさい。分かりますとも。

粋がった大学生グループ、酔ったサラリーマン集団。

彼らは騒音発生器ですからね。あの騒音下で練習はやっぱり難しい。

 

そんな時は原始的ですが、耳栓に頼りましょう。

私も最近は持ち運ぶようにしています。ダーツは音を使う競技でもないので、耳栓をつけてもプレーに支障が出ませんからね。

実際にプロでも耳栓をつけて大会に出ている人もいるみたいですよ。

 

ダーツのおすすめ耳栓は??

ダーツの練習で使うとなると、騒音も周りの会話もカットできるような耳栓が望ましい。(最近の耳栓は会話は聞こえると言うタイプが多いです。そんな機能イラネ)

せっかくなのでちょっとした耳栓オタクの私が会話もカットしてくれるオススメ耳栓を2つ紹介しますね。

ピップイヤーホリデイ

昔からある遮音性抜群の耳栓。ヒップは会話も問答無用にカット。静かな空間を手に入れることができます。
スポンジ製で、どんな人の耳にも合うのが使いやすいです。
 

FYIKitano 耳栓

2018年10月現在アマゾンのベストセラーと言うことで買ってみました。
シリコン製なので水で洗うことができ衛生的。
遮音性もかなり高いですね。この耳栓も会話を問答無用にカットしてくれます。
ただ、シリコン製なので人によってはフィット感に不満があるかもしれません。
 

ダーツで音楽を聴くのはNGか?  

では、ダーツの練習中に音楽を聴くのは絶対にNGなのか?と言う話。

音楽を聴かないで集中できるのが理想ですが、そもそも集中できないと言うことがあるかと思います。

気分が乗らなかったり、周りがうるさすぎたりね。

そんな時に使えるのが音楽だったのです。

 

「音楽」は集中するまでの導入に効果が期待できるようです。しかし、選ぶ音楽によっては逆効果になることもあります。

集中力を高める音楽を選ぶポイントは3つ。

  • 聞いていて心が落ち着く曲
  • ボーカル(歌詞)のない曲

本ではバロックやモーツアルトが推奨されていましたが、この2点の条件に当てはまれば自分の好きな曲を選んで良いそう。

私はモーツアルトを聴くような文化人ではないので、ゲームのBGMを聴きます(笑)

クラシックは聴きたくなくてもゲームBGMなら楽しく練習できそうでしょ?

 

完全に私の趣味ですが、メタルギアシリーズの曲はよく聴きながら練習しています。

まぁ。各々で好きなBGMを選んでみてください。FFシリーズとかも良き。

 

練習するときは最初は音量高めで周りの音を遮断、集中してきたら音量を徐々に下げていきましょう。最終的に音量を0にできるのがベスト!

 

音楽は集中発見機

最近、私は音楽を集中発見機だと思っています。

最初は音楽を聴きながらダーツを投げる。

そのうち、ダーツに集中して音楽が聴こえなくなる。(この状態はすこぶる調子が良い)

我に返って「ハッ!!今、音楽が聴こえなくなるほど集中していた!」←この気づきがものすごい快感で病みつきになります(わかってくれる人いるかなぁ(笑) 

 

ブルに入れば音楽聴いても良いよ

以上、私が考えるダーツ中の音楽のアリ、ナシと言う話でした。

自分の集中できる環境をいかに作るのか、という問題なので各々よく考えてもらいたいですねぇ。

音楽聴いていた方がブルに入るんだったら音楽を聴きながらもアリだと思います。

つまりは「ブルに入ればよかろうなのだァァァァッ!!」

ジョジョブルに入ればよかろうなのだ