なよダーツ。

ダーツの総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!一緒にAフラ、AAフラを目指しましょう!

ダーツ練習中にイライラしたら読む記事

ダーツの一番の敵、「イライラ」。

上手くダーツが投げられなくてイライラ。運が悪くてイライラ。負けてイライラ。

イライラの原因は数あれど一つ言えることがあります。

イライラしても何にもいいことは無い!

とカッコつけてみましたが、私もイライラします。そして負のループにハマっていってしまう人間です。そんなイライラ短気野郎の自分に向けたメッセージ。

イライラしながらダーツを練習している自分へ

きさま!イライラしているな!

隠さないでいい、イライラしているな。

 

さぁ、一度休憩だ。いいからちょっと休め。だらだらダーツを投げたらもっとレートが下がるぞ。悪いことは言わない。一回休め。

 

はい、椅子に座って深呼吸。スーハースーハー。

 

よしよし。お前はもう冷静だ。クールに行こうぜ。

とりあえずジンジャエールでも飲みつつ好きな音楽でも一回聴いとけ。


サカナクション - エンドレス(MUSIC VIDEO) -BEST ALBUM「魚図鑑」(3/28release)-

 

 

だいぶ落ち着いてくれたはず。ここからは冷静に話そう。

まず1つ言わせてくれ。

「これが本当の実力だ」

調子悪いときが本当の実力というじゃないか。自惚れるんじゃない!

アベレージが下がった?それも含めて実力だってこと。

 

ただね、この調子悪い時を乗り越えるとこそが本物の練習さ。一段レベルアップできるというわけ。頑張る価値はあるぞ。

 

 

さて、休憩後のダーツの話をしよう。

 

まずは体調は悪くないか?無理して投げていないか?

お腹が痛い?寝不足?二日酔い?

体調に不備があるなら今日は帰って寝な。ダーツが嫌いになっちまう前に帰ろう。

そして体調を万全にしてからまた練習すればいいさ。焦る必要はないぞ。

 

 

 

よし。体調はイイみたいだな。

指の状態はどうだい?

手汗でベタベタしていないかい?それならトイレで手を洗ってくるといい。

乾燥していないかい?それならハンドクリーム、フィンガーブリップを手に塗り込むといい。

 

次は椅子に座った状態でマイダーツを握ってみよう。

自然なグリップは出来ているか?余計な力は入っていないか?

イライラするとグリップがおかしくなる。最初は極端なくらい力を抜くくらいでいいだろう。

 

そのまま椅子に座った状態で素振りをしようか。

少しテキトーなくらいがいい。力を抜いて自然な素振り。

よしよし。

 

 

いよいよ立つぞ。

その前に姿勢の話だ。イライラすると姿勢が悪くなる傾向がある。

ビシっと胸を張って真っ直ぐ起立!スローラインまで一流の執事のように歩いて行け。

 

スローラインについたらスタンスと立つポジションをチェック。

ブルを真っ直ぐ見れているか?

ダーツでは下半身がメチャクチャ重要とフィルテイラーも言っていた。

妥協せずに納得できるスタンスにするんだ。

 

そのままさっきの感覚で素振り。力は抜けてる?

うんうん。いいね。

 

ではダーツを投げてみよう。

最初は自分が気持ちよく投げることを優先して。別にどこ飛んで行ったっていいから、自分が気持ちよく投げれるようにするんだ。

3投とも気持ちよく投げれたかい?

 

よし!もう準備は完了だ。

一呼吸置くためにもカウントアップでもやろうか。

コツは無理に狙いすぎないこと。さっきの気持ちよく投げれる+αで狙いを付ける感じで。

ブルに入らなくたっていい。別にカウントアップだからな。ただ、イライラしている時よりは確実にダーツが楽しいはず。

何なら周りにバレない程度にニヤニヤ笑顔を作ってダーツをするといい。

笑顔を作ることは人間の作業効率、集中力を上げることにもつながる。

 

 

よくここまで頑張った。あとは集中力をもって練習に励むことだ。

スマホなんてカバンにしまっとけ。集中力でレートなんてものは1や2簡単に上がるんだ。集中だ。

 

あと、今日はもうイライラすんなよ。

またイライラしたらこんなクソ記事を読まなきゃならなくなるぞ。嫌だよな。だからもうイライラしないこと。約束だ。

 

最後に一言。

ダーツ楽しめよ!!