なよダーツ。

ダーツの総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!あなたの上達のヒントになれれば嬉しいです。Aフラ、AAフラを目指しましょう!

初心者がコンドルフライトを使うメリット|耐久度、コスパの話

SPONSORED LINK

どうも、こんにちは。

コンドルフライト愛用者の「なよカエルです」。

 

発売当初は色々と言われていた「コンドルフライト」ですが、ここ最近はすっかりダーツの定番アイテムになりましたね。私は初マイダーツもコンドルフライトですし、現在もコンドルフライトを愛用しています。

 

今回はコンドルフライトの魅力と、初心者は思考停止でコンドルフライトを買っておけ!!という話をしたいと思います。

 

そもそもコンドルフライトとは。

ダーツメーカーコンドル

コンドルフライトは日本のダーツブランド「トリニダード」の社長であるT‐Bさんが新たに立ち上げたブランド「コンドル」の主力製品です。

 

ダーツブランド「コンドル」は「ゼロ ストレス」をコンセプトにあげています。

ゼロストレス。つまりはストレスなくダーツを楽しもうということですね。とっても素敵なコンセプトだと思います。

 

さて、コンドルフライトの話に戻りますが、コンドルフライトの一番の特徴がシャフトとフライトがくっついている一体型である点ですね。

一体型であるがために色々とメリットがあるわけです。

このメリットがまさに初心者にベストマッチなんですよねぇ。

ダーツ初心者がコンドルフライトを使うメリット

コンドルフライト初心者メリット

初心者がコンドルフライトを使うメリットは3点

  • シンプル
  • 丈夫でコスパが良い
  • 入手が簡単

コンドルフライトは極限にシンプルである

初心者のダーツ用品選びに優しいのがコンドルフライトです。

なんて言ったって、一体型ですのでコンドルフライトだけ用意すればよいのですから。

コンドルフライト+バレル+チップ。

とたった三種類の道具を用意すればダーツができるのです。とっても簡単。

 

実はダーツのフライトとシャフトってかなり複雑なんですよねぇ…。

フライトとシャフトを買えば満足にダーツができるかというとそうではない。

フライトとシャフトが外れにくくするために、シャンパンリングだ、エルリングだ、シャフトリングだ、メビウスリングだ、と謎の道具がたくさん。

しかもそれぞれ独自の規格を持っていたりするので、せっかく買ったのに自分のシャフトとは相性が悪くて利用できない、なんてこともあります。難しいんですよ。

 

その点、コンドルフライトはただただシンプル。

お店に行ってコンドルフライトを買うだけ。これだけで気兼ねなくダーツができるのは初心者にとっても嬉しいものです。

 

私も初心者の頃はずーーとコンドルフライトを使っていました。なんて言ったって楽だからね。 

 

コンドルフライトは丈夫でコスパがイイ

コンドルフライトの大きなメリットの一つが「耐久性の高さ」ですね。

とにかく丈夫なんです。丈夫な秘密が素材です。柔らかい素材で出来ており、踏んでも壊れない!をうたい文句にしてたほどです。

 

私はダーツに多大なる時間を割いていたことがありました。

毎日、外練習2時間+家練習1時間をベースに続けていました。日によっては6時間とか平気で投げていたわけです。そんな激動の練習にも耐えていたのが「コンドルフライト」なんですよね。

そんな毎日最低3時間ペースで練習していたのにもかかわらず、コンドルフライトは1か月に1度買い替えるかどうかという交換ペースだったのです。

 

ダーツをやっている人ならわかると思うですが、これだけのダーツを投げていたら普通のシャフトやフライトは一瞬でガタがきます。何なら1日で壊れたりします。モノにもよりますが結構脆かったりするんですよね。

(私は買ったばかりのシャフトを落として折ったことがあります。流石に悲しかった(笑)₎

これを一か月以上耐えられるコンドルフライトはやっぱりすごい。

 

この丈夫さからコストパフォーマンスもべらぼうに良いのです。

コンドルフライトは他のシャフトとフライトよりは高いんですが、先ほどの耐久性の話から帳消しです、おつりが出ます。

初心者は道具なんかによりも、とにかく練習にお金を使ってほしい。フライトとシャフトを買うくらいならそのお金でダーツバー、ネカフェでダーツの練習をしてもらいたいものです。 

 

コンドルフライトは入手が簡単

コンドルフライトは以上の点から非常に評価されるダーツアイテムになりました。

おかげで入手が簡単なんですよね。どこでも売ってる。

ドンキホーテでも、小さなダーツバーの片隅にだって置いていたりするわけです。

 

いくら丈夫なコンドルフライトでも運悪く壊れることもあるでしょう。(私は経験したことがありませんが)

そんな時にその場で新しいコンドルフライトを補充できるのはありがたいですよね。

入手の容易さもおススメできるポイントだったりします。

 

コンドルフライトの疑問

どうですか。私のコンドルフライト愛はなんとなく伝わったでしょうか。

ちょっとテンション上がってきたので、コンドルフライトにまつわる疑問にもお答えしたいと思います。

 

コンドルフライトどれ買えばいいの?

 

コンドルフライト種類

そう、コンドルフライトってやたらと種類があるんですよね。

シャフトの長さ3種類、さらにフライトの形状が5種類、これだけで3×5=15種類。

これだけあれば、どれ買えばいいの?となってしまいます。

 

私的にはとりあえず、フライトの形状をスタンダードまたはスモールに絞るといいと思います。

この二つはコンドルフライトの中でもメジャーなタイプ。

コンドルフライトは比較的に入手が簡単ですが、変則的な形状になると取扱店は激減します(売れにくいからね…)

とくにダイヤモンド形状なんてダーツショップでしか見たことがありません。

入手の容易さからもスタンダードまたはスモールがおススメです。

 

スタンダードとスモールですが、初心者ですとほぼ違いを感じられないと思います。

私も未だに明確な違いを感じられませんし(汗)自分の好みで選んでよいかと思います。

 

フライトの形状は固定として、ダーツの飛びに変化を付けたいときはシャフトの長さで変化を付けましょう。

直線的にダーツを投げたいと思ったらロングタイプを、少し山なりに投げたいと思ったらショートタイプを選ぶのが通例です。

とりあえず最初はミドルから使うのがベストでしょう。

 

コンドルフライトってダサい?

これは賛否両論ある意見です。意外と目にする意見ですよね。

私は全くダサくないと思うのですが…。

 

コンドルフライトがダサいと言われる所以が、「ハウスダーツみたい」だからだと思うんですよ。

ハウスダーツも耐久性のことなどを考え、一体型フライトを使っていますから。

うーん。あとは色とかの組み合わせ次第でカッコよくなると思いますがね。

コンドルフライトってやたらとカラーも豊富なんです。クリアパープルとかは結構上品な色でハウスダーツには見えないと思います。

 

あとは、若干値段があがりますが、プロモデルのコンドルフライトはイラストが描かれていて普通にカッコイイです。

やんま~モデルとジェームズベイリーモデルが個人的にはツボ。カッコいい…。

コンドルフライトはよく弾かれるって聞くけど?

私的にはコンドルフライトを使っていてストレスがたまるほど弾かれる!という経験はありませんね。

これはバレルや投げ方の相性にもよると思いますが、現役トッププロのやんま~が使っているという実績もあるので文句は付けられないんじゃないですかね?

普通から大きく逸脱した投げ方、バレルでない限り問題はないと思います。

 

初心者はとりあえずコンドルフライトを!

以上、ダラダラとコンドル愛を語らせていただきました。

誰にでもおススメできるフライトですが、特に初心者の方に使っていただきたい。

コンドルフライトでゼロストレスを実感してもらってもっともっとダーツが好きになってもらえればッ!