なよダーツ。

ダーツの総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!あなたの上達のヒントになれれば嬉しいです。Aフラ、AAフラを目指しましょう!

フィットフライト|フィットシャフトを使ってみた!実際の使用感をレビュー

SPONSORED LINK

フィットフライトレビュー評判

国産の形成フライトとして人気の高い「フィットフライト」。

実は使ったことがなかったので、実際に買ってみて使って見ることにしました。

 

フィットフライトの詳しい情報と、実際の使用感をレビューします!

 

 

フィットフライトの利点は?

フィットフライトロゴ

フィットフライトはダーツブランド「コスモダーツ」が販売している形成フライトです。

国産の形成フライトということで日本でも愛用者多数。

個人的には日本の形成フライトはフィットフライト、フライトL、コンドルフライトが御三家というイメージがあります。

 

フィットフライト、果たしてどんな特徴、利点があるのでしょうか。

 

公式サイトによるとフィットフライトのアピールポイントは4つ。

  1. キャップ型のプッシュイン方式
  2. フライトは確実に90度をキープ
  3. 選べるシャフト「スピン」と「ロック」
  4. 1000通りのセッティング

一つずつ考察をしていきましょう。

 

キャップ型のプッシュイン方式。

フィットフライト仕組みフィットシステム

フィットフライトの一番の特徴とも言える「プッシュイン方式」。

通常のフライトはシャフトの4本の爪の間に羽を通しますが、フィットフライトは違う。

 

専用のシャフトにハメ込むだけという超簡単セッティング。

そのため、完全にオリジナル規格なのです。フィットフライトを買ったら絶対にフィットフライト用の「フィットシャフト」を買わなくてはなりません。

これは注意しなければなりませんね。

 

フライトは確実に90度をキープ

形成フライトの一番のメリットとも言える、フライトのキープ力。

フィットフライトも非常に綺麗に90度に開いています。

 

ただ、いくら形成フライトでも使っているうちに、フライトが歪んできてしまうもの。

どれくらいの耐久度なのかは気になりますね。

 

選べるシャフト「ロック」と「スピン」

スピンシャフトとは、フライトがくるくると回転することができるように工夫されたシャフトです。

フィットフライトは簡単にスピンシャフトを導入することができます。

スピンシャフトにすることで、ダーツとダーツの接触時にフライトが回転し、フライトへのダメージを軽減することができます。他にもグルーピングに有利になるとか。

 

かといって、その回転が気になってしまう人もいるので、回転しない普通の「ロックシャフト」も用意。ここら辺の配慮はありがたい。

 

1000通りのセッティング

シャフトが「ロック」と「スピン」で選べたり、フライトの形状、フライトの材質などを考えると全部で1000通りのセッティングがあるそう。

 

私が感心してしまったのはシャフト長の豊富さ。

全8種類の長さが用意されているのです。

普通ならショート、ミドル、ロングと3種類ほどで片付けられてしまうシャフトの長さですが、8種類って…。逆に迷ってしまうレベル。フィットシャフト長さ種類

 シャフトの長さによっても飛びは変わってくるので、こだわりたい人には非常に重宝すると思います。

フィットフライトをレビュー!

さて、ちょっと堅苦しい話でしたが、ここからは私が実際に買ったフィットフライトをご紹介。

フィットフライトフィットシャフトスピンレビュー

今回私が買ったのは非常にノーマルなタイプのもの。

初フィットフライトなので、標準的な組み合わせで選ばせてもらいました。

 

フィットフライトはまるでチップスター

フライトはフィットフライト(スタンダード)のホワイト。

フィットフライトホワイトスタンダード

以前に紹介したフライトLよりも硬めかな。パリッとしたフライトです。

 

例えるならチップスターをもう少し薄めにした感じでしょうか。

フライト全体のマットな質感もまさしくチップスターです(笑)

 

回る回るスピンシャフト

シャフトはもちろんスピンタイプで!

ソフトダーツでスピンタイプのシャフトを使うのは初めてかもしれません。楽しみです。

フィットシャフトスピンサイズ3ブラック

長さはちょっと短めの「サイズ3」を選びました。うーん。ゴメス9に合わせるにはもう少し短くても良かったかもしれませんね。

 

スピンシャフトは面白いですね。かなり滑らかに回ります。

ハードダーツで使っているターゲット社のスピンシャフトよりもスムーズに回る。

ぐるぐるー。ずっと回していたくなる…。

フィットフライトスピンシャフト回る様子

 

フィットフライトは高くね??

今回買ったフィットフライトは一番標準的、つまり一番安いセッティングのはずです。

フィットフライト+フィットシャフトGEAR。

それでもお値段1300円。なんか高くないですか?

 

何が高いって、シャフトですよ。普通のプラスチック製なのに756円もしました。

完全オリジナル規格なので高くても買わなくてはならないのが辛いところ。

 

まあ、まだわかりません。フィットシャフトがめちゃくちゃ長持ちしてくれれば問題ないわけです。

シャフトが壊れる原因の1つが4本の爪が折れてしまうこと。

この爪破損の心配がないフィットフライトですから、長持ちしてくれるのかもしれません。

追記:記事の下にフィットフライトの耐久度について追記しました。

 

フィットフライト実際に投げてきた!

フィットフライトフィットシャフトバレルに装着図

実際に投げ込んできましたよー!

私がフィットフライトで一番気になっていたのが

「フライトは外れないのか?」ということ。

 

ワンタッチで装着できる「プッシュイン方式」。

いや、素晴らしいのですが、フライトが外れやすかったらそのメリットは消し飛びます。

装着が簡単なため、フライトが外れやすいのではないか?という疑問があったのです。

 

フィットフライトはストレスフリー!

実際はどうだったかと言いますと…。

「全く外れない!」

 

今日は3時間投げ込みましたけど、フライトが外れたのは3回だったかな…?

フライトが外れるストレスは皆無ですね。素晴らしい!

 

ただ、投げ続けているとシャフトとフライトの結合部が緩くなってきそう。

これから要チェックしていきたいと思います。

現状はストレスフリー!コンドルフライト以来の感動でした。これは使いやすいぞ!

 

投げながら注目していきたいのはフライトとシャフトの耐久度、フライトの外れやすさの変化ですね。

これは分かり次第、追記していくんでよろしくお願いします。

 

仕組みさえわかれば初心者にも!

リング系とも無縁のフィットフライト。一度、仕組みさえわかってしまえば初心者にも優しいフライトだと言えます。

 

あとはスピンシャフトが簡単に導入できるのも嬉しいフィットフライト。

まさかの大満足です。あとは耐久度を見てですねー。 

 

調べて見たんですが、6枚セットが圧倒的にお得。こっち買えば良かったな…。

COSMO DARTS
 

追記:フィットフライトの耐久度

現在2018/10/8

はい。フィットフライト壊れました。

フィットシャフトとフィットフライトの結合部が折れる

シャフトとフライトの結合部からポキっと。

 

ここ最近は毎日投げていたので、8日。つまり16時間ほどでぶっ壊れたことになります。ちょっとなぁ。流石に早い。

 

グローバルマッチ中に折れたので焦りましたよ。

ただ、フォロワーさんから「フィットは折れやすいよ!」という事前情報を頂いていたので、予備のフライトとシャフトは用意していたのです。助かりました。

 

この壊れ方の辛いところは、フライトの中にシャフトの折れた部分がハマったままなので、シャフトだけでなくフライトも買い換える必要があることでしょう。 

フィットフライトの中にフィットシャフトの破片が入っていてフライトごと買い換える必要がある

 

今回は16時間で壊れることになりましたが、これも予想ができません。

落下時の衝撃で折れることが多いので、運が良かったらもっと長持ちするでしょうし、逆もまた然り。

 

ストレスのなさ、使いやすさとしては非常に評価の高いフィットフライト。ただしコスパがなぁ。

我々の対策としては、ダーツの落下を極力避けるための刺さりやすいチップを使う、くらいしか思いつかないんですよね。

 

もしくは高耐久度を持つとされるチタニウムシャフトを使うとか…?

本当に折れにくいならチタニウムシャフトを買ってみようかなぁ。

フィットフライトが使いやすいのは良く分かったので。

ただ、チタニウムシャフトは高すぎるのですよ。これが折れてしまった時は私の心も折れますよ…。

 

私のフィットフライトの感想は「めちゃくちゃ使いやすいけど、コスパに難あり」。

以上!