なよダーツ。

ダーツの総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!一緒にAフラ、AAフラを目指しましょう!

偏見まみれの【バレルメーカー図鑑】|おすすめのバレルブランドはどこだ??

f:id:ankokoko:20191006220255p:plain

お気に入りのバレルを探すのもダーツの楽しみの一つなわけですが、ダーツメーカーって非常に種類が多い!

一体どれを投げれば良いのか、初心者さんは特に悩むポイントだと思います。

 

そこで、私がこの数年で培った知識を使ってバレルメーカーを勝手に評価していきます。私自身の偏見も入ってくるので、問題ないよ!って方だけ見てね!

 

 

それぞれのブランドを3項目3点満点で評価します。

評価項目は

  • 初心者ウケ:初心者にどれほど人気があるか
  • 上級者ウケ:上級者にどれほど人気があるか
  • コスパ:バレルの安さ

この3項目です。あくまで私の感覚ですが雰囲気が伝わってくれれば嬉しいです。

それと、勝手に代表バレルも載せておきました。もちろん私の独断と偏見だよ!

では行ってみましょ〜!

 

トリニダード

f:id:ankokoko:20191005234724p:plain

初心者ウケ 上級者ウケ コスパ
 ⭐️⭐️⭐️  ⭐️⭐️  ⭐️⭐️

日本の代表的なバレルメーカー「トリニダード」。

大元は日本のソフトダーツプロツアー「パーフェクト」と同じなので、パーフェクトプロのモデルが非常に多いのが特徴。

実力的にも知名度的にも優秀なプロモデルが多く揃えられています。

 

バレル形状も非常に幅広く、自分に合ったものを探す楽しみがあります。

日本でも有数の有名ブランドなので、数多くのお店で試投できるのも密かなポイント。 

 

扱い易い一体型フライトコンドルフライトが標準搭載されているので初心者にもオススメのメーカーとなっています。

 

代表バレル

 

ターゲット

f:id:ankokoko:20191005235023p:plain

初心者ウケ 上級者ウケ コスパ
 ⭐️⭐️  ⭐️⭐️⭐️  ⭐️⭐️

今一番勢いのあるバレルメーカーは?と聞くと必ず候補に上がるのがイギリスの「ターゲット」。

ダーツの歴史を作った数々のレジェンドたちのスポンサーになり、知名度としては最高峰でしょう。

 

バレルはコテーィング系バレルが強く、カラフルで華やかなバレル作りを得意としています。

さらに、ピクセルカットを代表とする新しいバレルの可能性を常に探求している意欲のあるメーカーというイメージですね。

 

あと、ターゲットは購買意欲をそそるパッケージデザインが秀逸。まぁ、カッコいいんですわ。

 

代表バレル

 

ユニコーン

f:id:ankokoko:20191005235149p:plain

初心者ウケ 上級者ウケ コスパ
 ⭐️  ⭐️⭐️⭐️  ⭐️⭐️

イギリスの老舗ダーツブランド「ユニコーン」。

日本ではそれほど注目のされているメーカーではなかったのですが、浅田斉吾選手が移籍したことにより大きな話題を呼びました。

 

ターゲットが新たなバレルの可能性を探求する「革新派」だとしたら、ユニコーンは古き良きバレルを守る「保守派」と言ったイメージでしょうか。

ハードダーツがメインなので、ロングストレートバレルを得意としているメーカーでもあります。

 

質実堅固なバレル作りは日本にも合っているので、これからますます人気が出てくるでしょう。

 

代表バレル

 

ハローズ

f:id:ankokoko:20191005235350p:plain

初心者ウケ 上級者ウケ コスパ
 ⭐️⭐️⭐️  ⭐️  ⭐️⭐️⭐️

こちらもイギリスの老舗ブランド「ハローズ」。

ハローズと言ったら「アサシンシリーズ」を代表とする、安くて高品質なダーツバレルが有名です。

このクオリティのバレルが3000円!?など普通では考えられないコスパを叩き出せるのは長年培ってきた生産体制の賜物でしょう。

 

初心者モデルが注目されるハローズですが、タングステン97%バレルなど意欲作も多くリリースしています。そしてこれまた安いんですわ。

 

リーズナブルに高品質なバレルが欲しい人は間違いなく候補に上がってくるメーカーです。

 

代表バレル

 

ジョーカードライバー

f:id:ankokoko:20191005235514p:plain

初心者ウケ 上級者ウケ コスパ
 ⭐️  ⭐️⭐️⭐️  ⭐️

ダーツ沼にハマってしまった人に好きなメーカーは?と聞くと必ず候補に上がってしまう「ジョーカードライバー」。俗に言う高級ダーツブランドです。

 

価格は安くても他のメーカーの2倍以上、下手をすると6万円以上するバレルも多いジョーカードライバー。

どうしてそんなにも高いのに人気があるかと言いますと、その品質の高さにありました。

 

厳選されたタングステンに職人の丁寧な磨き作業が加わり、他では決して味わえない「吸い付くような」グリップを可能にします。これは比喩とかではなく、マジで吸い付きます(笑)

一度ジョーカードライバーを投げてしまったら、絶対に忘れなくなってしまうはず。

私も将来的には必ず手にしたいですね。

 

代表バレル

 

DMC

f:id:ankokoko:20191006000718p:plain

 

初心者ウケ 上級者ウケ コスパ
 ⭐️⭐️  ⭐️⭐️  ⭐️⭐️

日本のソフトダーツバレルの基礎を作ったとされる「DMC」。

バレルの名作を聞くとDMC産のものが出てくるのなんのって。

品質が高く、繊細に作られたバレルたちは日本人の気質にぴったり。さすがは国産であります。

次から次へと新しいバレルを作るメーカーではなく、名作を長く販売するDMCはバレル特有の「廃盤問題」にも強いのが特徴です。

 

しかし、保守的なバレルばかりだと思ったら大間違い。

バレルのパーツを組み合わせる前代未聞のバトラスシリーズなど、面白いバレルも多いんですよね。

 

代表バレル

 

まとめ

とりあえず、私の書きやすいブランドから書いてみました。

ダーツはバレルを集めるのも一つの楽しみだったりするので、是非とも色々なメーカーのバレルを味わってほしいものです。 

 

正直まだまだ書きたいブランドがあるんですよねぇ。

ウィンモー、ダイナスティー、ヨシムラとかとかとか!

また私の中で知識がついたらコソコソと追記していきます。ではでは。