なよダーツ。

ダーツの総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!一緒にAフラ、AAフラを目指しましょう!

軽いダーツバレルを使うメリット|おすすめ軽量バレルも紹介!

f:id:ankokoko:20200225182259p:plain

昨今のダーツ界隈では重めのバレルが流行っています。

ダーツプロもこぞって重量級のバレルを使い、新商品も重めが多いのが現状です。

 

しかし、軽いバレルにも使うメリットがあるのです。

今回は

  • 軽いバレルを使うメリット
  • おすすめ軽量バレルの紹介

 この2テーマでお話ししていきます!

 

軽いバレルの定義

バレルの標準的な重さはどれくらいなのでしょうか?

日本有数のダーツショップ「エスダーツ」によると以下の定義で区分されています。

区分 重さ
超々軽量 ~15.4g
超軽量 15.5g~16.1g
標準 16.2g~16.5g
重量 16.6g~17.9g
超重量 18.0g~19.9g
超々重量 20.0g~

表によると軽量は16.1ℊ以下のバレルのことを指すことになります。

ただ、最近は重めのダーツが多いので、相対的に16g台でも軽めのダーツだと感じています。

そのため、今回は17g以下のバレルを軽量バレルとして定義することにしましょう。

 

重いバレルが流行っている理由

日本プロの間で重めのダーツが流行っています。

実際に活躍しているトッププロの使用バレルを見てみると、よく分かりますね。

 

日本最強格プレーヤーである浅田斉吾選手の「マエストロ フェーズ2」は21.7ℊと超々重量。

 

ダーツ古参勢からも人気の高い山田勇樹選手の「ゴメス10」は驚きの22g。お、重い…!

 

ジャパンプロダーツツアーで圧倒的な実力で2019年を暴れ回った大城正樹選手の「ホーク Masaki SP」は18g。

 

ジャパンに移籍してから非常に波に乗っている小野恵太選手の「ソロ G3」は19.5g。

重量級バレルを使うメリット

重いバレルはボードに刺さっているダーツを強引にかき分けてターゲットを射抜くことができます。

プロのレベルになるとハットトリック自体は難しいことではありません。

しかし、グルーピングすることには既に刺さっているダーツに弾かれてしまうリスクがあります。そのリスクヘッジになるわけですね。

 

そして、重さはハードダーツでは一層大切になってきます。

そのため、ハードダーツに熱心なプレーヤーはソフトダーツでも重めのバレルを好む傾向にあります。

 

軽いバレルのメリット

f:id:ankokoko:20200225182645j:plain

正直、16gを下回る軽いバレルは真剣勝負においては使いづらいのが事実です。

既に刺さっているダーツに弾かれてしまう不確定要素が強いからです。

 

しかし、16g台の軽量バレルなら十分実用可能レベルです。

16g以下のバレルも使い方によっては力を発揮してくれます。

そんな軽いバレルを使うメリットを紹介。

 

軽いバレルは疲れにくい

重いダーツは確かに安定感抜群。

しかし、長時間投げていると疲れるんですよ。

 

たかが数グラムと思わないでください。

ダーツは指と手首を使う繊細なスポーツ。思った以上に疲労が溜まっていきます。

 

ダーツプロは毎日練習しているので、重いバレルを使うコツも分かっています。

重いバレルに負けない筋肉も備わっているでしょう。

 

アマチュアには重いダーツを使うのは難しいです。

軽いバレルは女性プレーヤーやあまりダーツの練習ができない男性にもおすすめです。

本当に疲れづらく、長時間のプレーもできますよ。

 

軽いバレルで真の実力が身につく

重いバレルは適当に投げてもソレっぽい軌道を描いて飛んでいきます。

丸めたティッシュとテニスボールを投げてみてください。

きっとテニスボールの方が投げやすいはずです。それと同じですね。

 

特に初心者は重いバレルを使うと重さに頼ったスローになりやすい傾向にあります。

無理な力を加えても飛んでいくので、途中で伸び悩む人が多い。

 

そんな力任せのスローをしている人に軽いバレルを使ってもらうと驚くほど下手になります。

真に実力のある方は軽いダーツでも強いです。

それはダーツの投げ方の本質を身につけているからなんです。

 

ギクっとした方はぜひ一度軽いバレルを使って投げ方の矯正を行ってみてください!

練習用に15g以下の超軽量バレルを持っておくと役立ちますよ〜。

 

ハウスダーツでもカッコつけられる

Bar Lip バーリップ ハウスダーツ HOUSE DARTS ソフトダーツ SOFTDARTS(1本売り) (ブラック)

ハウスダーツは店が用意するチープなダーツです。

コストカットを第一に考えているため軽いのが特徴です。

 

軽いハウスダーツを使うといつも通りのダーツが出来ない人が多いです。

ダーツは急にやることになってしまうこともありますよね。

二次会、デートなどなど…。

手持ちにマイダーツがないケースもあります。

普段、練習しているのにハウスダーツのせいでカッコつけられないのは嫌じゃないですか?

 

軽いバレルを日常的に使うことでハウスダーツにも対応できます!

これで急にダーツをやることになってもカッコつけられますね(笑)

 

おすすめ軽量ダーツバレル

きっと軽いバレルが欲しくなってきた人も多いでしょう。

軽量バレルは探してみると良作も多いんですよ。では、おすすめをご紹介します。

 

【ハローズ】アサシンシリーズ

【初心者用バレルの金字塔】

まずは超定番商品。ハローズのアサシンです。

アサシンは16g台モデルの種類もたくさんあるので、自分の好きな形状を選ぶことができます。

一押しは18gタイプAです。18gと書いてありますが、セッティング時の重さですので、バレル単体では16g台です。

  • ソフトダーツの基本が身に付く形状
  • グリップの選択肢が多いカット

と、かなり楽しいバレルなので、まだお持ちでない方は是非。

3000円と格安なのでお買い得ですよ〜。

 

詳細レビュー:ダーツバレル「アサシン」は本当に初心者におすすめなの?

 

【ターゲット】POWER 9ZERO フィルテイラーモデル

ダーツの神様「フィルテイラー」が過去に使っていたバレルの復刻版です。

バレル単体では15.5gとかなり軽量。

しかし、ストレート形状で細く作られているのでグルーピングで困ることはないでしょう。実用可能なレベルだと思います。

 

このバレルはカットが秀逸。

最初はキツめのカットですが、投げ込むうちに手離れが良いカットになってきます。

自分の思った通りにスッと飛んだ時の気持ち良さが半端ない。ストレートバレルの醍醐味ですね。

試合でも使える軽量ストレートバレルをお探しの方に是非とも勧めたい!