なよダーツ。

ダーツの総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!あなたの上達のヒントになれれば嬉しいです。Aフラ、AAフラを目指しましょう!

ダーツ形成フライトのおすすめは?独断で王道からマイナーまで比較評価!

SPONSORED LINK

ダーツの形成フライトのおすすめは比較評価
日本のダーツでは人気の高い「形成フライト」。

プラスチックで出来ていて、90度にきれいに開いていて耐久度が高いのが特徴です。

各メーカー色々と形成フライトを発売していますが、それぞれの強みは?結局どれがいいの?という疑問に独断でお答えしたいと思います。

あなたの形成フライト選びの参考にどうぞ!

 

 

形成フライトを評価する5つ

ダーツ形成フライトの評価基準

今回は形成フライトを5つの基準を5点満点で判定していきたいと思います。それぞれ簡単に説明させてもらいますね。

値段

いくら優れた形成フライトでも、値段が高ければ躊躇してしまいますよね。手軽に挑戦できるのは大切です。

入手

入手のしやすさを指します。丈夫な形成フライトでも所詮は消耗品ですからね。

いざという時に買い直せるのか、世間一般的に流通しているのかという基準です。

逆に点数が低いとマイナーなフライトということにもなります。マイナー好きの方は狙ってもイイかも!

耐久性

いくら良い形成フライトでもすぐに壊れてしまうのは嫌ですよね。コストパフォーマンスにも関わってきます。耐久度が高ければ高いほど点数も上がります。

快適さ

ダーツをする上ではなるべくストレスフリーにダーツを楽しみたいものです。

フライトとシャフトは外れにくいのか?シャフトが緩みやすいことはないのか? 

カスタム

ダーツの楽しみの一つが自分のマイダーツにカスタマイズすること。

対応するシャフトは豊富か?フライト形状は豊富か?というポイントです。

カスタマイズ性が高いほど点数が高くなります。

 

これら5つの基準で評価していきますよ!では、早速行ってみましょー!

 

Lスタイル フライトL

ダーツのフライトLを評価レビュー

高いカスタマイズ性と入手のしやすさが特徴的なLスタイル社の「フライトL」。

形成フライトはシャフトが独自規格が多い中、フライトLは普通のシャフトにも装着できる器の広さが特徴です。

そのため、シャフトに制限はなくカスタマイズ性能が非常に高い!自分のお気に入りのセッティングを実現することができるでしょう。

さらにシャンパンリングなどを駆使することで完璧なセッティングを作ることができます。

 

しかし、そのカスタマイズ性の高さから、駆け出しプレーヤーにとっては少し敷居が高いかもしれません。

そう言った意味では玄人向けの形成フライトです。

昔から人気の高いアイテムですので、基本的にどこでも売っているのも嬉しい。小さなダーツバーの片隅とかにもよく売られているので入手のしやすさもトップクラスでしょう。

 

コンドル コンドルフライト 

ダーツのコンドルフライトを評価レビュー

驚くべきほどのポテンシャルを秘めているのがコンドルフライトです。

コンドルフライトはフライトとシャフトが一体になっている一体型。

そのおかげで、フライトが外れてしまうというストレスはあり得ません。

耐久度も非常に高く、こんなの売られたらダーツ業界の収益下がってしまうんだろうなぁというレベル。

 

その代わりに一体型ゆえのカスタマイズ性の低さは致命的。

と言いつつ、コンドルフライトのフライト形状は意外に豊富。ティアドロップやスリム、ダイヤモンド型まで用意されているのでほとんどの人には問題ないんじゃないかな。 

 

コスモダーツ Fitフライト

ダーツのFitフライトを評価レビュー

日本のコスモダーツが発売するフィットフライト。日本では人気の高いフライトです。

特徴は、ワンタッチでフライトをつけることができる独自機構。

おかげで暗めのダーツバーなどでフライトが取れてしまっても安心。目を瞑ってでもフライトを取り付けられます。

それでいてフライトも外れにくいというストレスフリーを実現。

 

独自規格ですが、シャフトの長さ、素材、フライトの形状などカスタマイズ性が高いのもフィットフライトの特徴です。さらにスピンシャフトを簡単に導入できるのも楽しい。

 

ただし、耐久度が低いのが少々ネック。通常のプラスチック製シャフトは耐久度低めです。(ジェラルミンシャフトやチタンシャフトを使うことで耐久度問題は解決しますが、ちょっと高いからねぇ…) 

詳細:フィットフライト|フィットシャフトを使ってみた!実際の使用感をレビュー

 

ハローズ CLICフライト 

ダーツのCLICクリックフライトを評価レビュー

ハローズの形成フライト「クリックフライト」。マイナーな形成フライトと言わざるを得ません。

しかし、ものすごいポテンシャルを秘めているのです。

フィットフライト同様にワンタッチでフライトを装着できる独自機構。しかも「一体型か!」というくらいの外れにくさからストレスゼロ。

それでいて値段もリーズナブル、と正直オススメしまくりたい形成フライトなんです。

 

まぁ、もちろん弱点はありまして、マイナーゆえの入手のしにくさ。(なぜかドン・キホーテにはよく売っている)

そして、圧倒的カスタマイズ性の低さが少々ネック。

フライト形状はスタンダードでシャフトの長さもショート、ミドル、ロングがあればOK!という人には間違いなく薦めたい逸品です。 

ウィンモー ステルスフライト

ウィンモーステルスフライトの評価レビュー

イギリスのウィンモー製の形成フライト「ステルスフライト」。

正直全くオススメはしません。というのも、このフライトは私史上最も早く壊れました。一投で壊れるという伝説。

私の運が超絶悪かっただけかもしれませんが、個人的に良いイメージはありません。

 

ステルスフライトをオススメできる人は、人と絶対被りたくない「マイナー厨」でしょうか。まぁ、被ることはないでしょうね。個性を発揮したい方はどうぞ。

詳細:ウィンモーの形成フライト「ステルスフライト」がポテトチップスだった件

 

エッジスポーツ マスターフライト

エッジスポーツマスターフライトの評価レビュー

アームサポーターで有名なエッジスポーツの形成フライト「マスターフライト」。

シャフトは好きな折りたたみフライト用のシャフトを使うことができるので、カスタマイズが捗ります。しかもフライトデザインもかなり豊富なんですよねぇ。

 

そして、マスターフライトは硬い!重い!

そのため、ダーツのバランスが若干変わってしまうかもしれません。ここは好みの分かれるところ。

硬いのは良いんですが、最近の重めのバレルとぶつかった時に割れやすいような気がします。耐久性はバレルとの相性に大きく左右されそうです。

詳細:エッジスポーツの「マスターフライト」を評価レビュー|これぞサイコウ(最硬)フライト!

 

以上、私が実際に使ったことのある形成フライトの評価でした!まだ試せていない形成フライトも多々あるので、随時更新していきたいと思います。

あなたの形成フライト選びの参考になりますようにッ!