なよダーツ。

ダーツの総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!あなたの上達のヒントになれれば嬉しいです。Aフラ、AAフラを目指しましょう!

実験|高身長はダーツで有利なのか?ボリスが見ている景色はどんな景色?

SPONSORED LINK

※注意:この記事は全くもって生産的ではありません。

今更どーしよーもないことをあーだこーだと書いてあるだけの僻み記事。

 

高身長はダーツで有利なのか実験して見た
ダーツって色々言われていますが、結局「身長が高いほど有利」だと思うのです。

私の身長は日本人の平均的身長と同じ170cm。

高くはないですが、低くもない…はずでした。ダーツ界隈の身長の高さは異常なのです。

 

活躍しているプロの身長は180cmがザラ。人によっては190cmという。

もちろん170cm前後でも強いプレーヤーはいますが、明らかに180cm前後がプロのボリュームゾーンとなっています。

これはもう、ダーツでは高身長ほど有利ということを示唆していると思うのです。

参照:憧れのダーツプロとの身長差を考える|プロの身長高すぎ問題 - なよダーツ。

 

かと言って、「身長高いのズルい!不公平だっ!」と訴えたところで何の説得力もありません。

「背が高いから何?何が有利なん?」by高身長

 そうかい。じゃあ、実験じゃ。

「私は今からポリスになる!」

 

 

圧倒的巨漢「ボリス・カリチュマー」

クロアチアのターツプロのボリスカリチュマー

クロアチアの強豪:ボリスカリチュマー

ボリスカリチュマーをご存知でしょうか?

クロアチアのべらぼうに強いダーツプロです。ソフトダーツ大会「ザ・ワールド」でもその力を遺憾無く発揮。

2018年度もザ・ワールドの年間チャンピオン筆頭候補です。

投げ方も独特で、ソフトダーツプレーヤーには珍しく、テンポよくスピーディーに投げます。そのため、ついたあだ名はポイポイおじさん「クロアチアの大砲」。

 

彼にはダーツ祭りで一度お会いすることができました。写真撮影もお願いしましたが、快く受け入れてくれるナイスガイ。私の好きな選手の一人です。

 

実際に間近で彼を見るととにかく「デカイ」。

調べてみると彼の身長は200cm。2mですよ!

もはや巨人。ちょっとした巨人です。

ボリスカリチュマーと日本人男性平均身長とダーツ台

あんなにデカけりゃ、さぞかしダーツが簡単やろ。そう考えた私は実験をしてみたのです。

 

ボリスの見ている景色はどんな景色?

こんかいボリスの見ている景色を体験するためにダーツボードを下げることにしました。

ボリスと私の身長差はおよそ30cm。

では、ボードを30cm下げるとボリスが見ている景色を擬似的に再現できるはずです。

 

30cm下げるってかなり衝撃的。全く違う。比較写真も載せておきましょうか。

ボリスカリチュマーを体験するためにダーツボードを30cm下げてみた

左:通常ボード 右:30cm下げたボード

 

さらに、身長が高いことによる腕の長さも加味しましょう。

調べてみると、身長と腕の長さって比例するらしいじゃないですか。

腕の長さは私と比べて7cm長いと推察できました。7cmって普通にやばいな…。

 

まぁ、スローラインは腕の長さの半分くらい近づけてみましょうか。

よって3cmスローラインも近づけてみました。(ここら辺はテキトー)

 

ボリス目線だとダーツがおもちゃ感覚

では早速ダーツボードを下げて、スローラインも前へ。

準備はできました。投げてみます。

 

…。なんですか、これは。

まるで別競技。おもちゃのダーツをやっているようでした。

D20を狙うのが楽ってもんじゃねーぞ!!

 

写真じゃ全く伝わりませんが、目線でカメラを構えてみました。(少しでも伝わってくれるかな…?)

ボリスカリチュマーにはダーツボードはこう見えているのか?

左:通常視点 右:擬似ボリス視点

 

やって見て分かったのですが、ブルを狙うのも物凄く楽なんです。

2mの身長があれば、ブルの高さは目線より下。

つまり、下に投げ下ろす形で入れることができるのです。

重力の力を使って投げることができるので、余計な力も必要ではなくなり精度も上がります。

 

 身長が高いとD16は狙いづらいのか?

一つ期待していたことが、身長が高いことで下のナンバーが狙いにくいのではないかということ。

例えば01アレンジでもよく使うD16を狙いにくいのであれば致命的です。もしもそうならば、身長が高くなくて良かった!と思えることでしょう。

 

で、どうだったかと言いますと、ぶっちゃけ不便は感じない

人間は上に物を投げるよりも、下に物を投げる方が得意なものです。D16が低かろうと問題にはなり得ません。高身長様様ですな!

 

疑いようなく高身長は有利

以上、ボリスになりきってみた実験でした。

結論を言うと「高身長はどう考えても有利」。

実験の仕方に少々問題はあるでしょうが、間違ったことは言っていないはずです。この身を持って実感しました。

 

ただね、だからと言ってダーツを諦めるわけではありませんよ。

フィルテイラー、ポールリム、村松さんが実証してくれたように170cm前後でも十分すぎるほど強くなれるのは分かっています

そもそも、センスなんてもんも最初から持ち合わせてないんですよ。努力で身長差は埋めてみせますさ。それでこそカッコいいダーツァーというもの。

 

 

最後に一言。

「身長高くなんねーかな。」