なよダーツ。

ダーツの総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!一緒にAフラ、AAフラを目指しましょう!

ダーツの点数・得点のルールと疑問を解決|セパブルとファットブル解説もあり

ダーツの得点の仕組みとファットブルとセパレートブルの基本 「ダーツボードの得点の仕組み」を把握していますでしょうか?
一見すると、複雑そうですよね。私もダーツを始める前には、得点のルールが全く分かりませんでした。

今回は、私がダーツを始めてすぐに知りたかった、

  • ダーツの基本的な得点の仕組み
  • 20トリプルを狙ってはいけない理由
  • ダーツプロが20トリプルを狙う理由

この3本立てでお話ししていきます。
では、いってみましょう!

ダーツ得点の基本的な仕組み

まずは、ダーツボードの基本的な得点の仕組みについてお話しします。
一見すると複雑そうなダーツボードですが、実は単純で慣れれば一目瞭然です。 ダーツの得点の仕組み、基本の点数 ダーツボードの周りには1〜20の数字が描かれていますね。この数字が単純に得点になります。
例えば、20と描かれている下のゾーンが20点、6と描かれている左のゾーンが6点です。これはシングル得点と呼ばれます。

そして、気になる真ん中が「ブル」と呼び、ダーツを入れると50点になります。

 トリプルとダブルについて

ダーツのダブルリングとトリプルリングの得点の説明 よく見てみると、外側と内側に赤と緑のゾーンがありますね。
これはダブルリングとトリプルリングです。(略してダブル、トリプルと呼ぶことが多いです)
ダブルに入った場合はシングル得点が2倍になり、トリプルに入った場合はシングル得点が3倍になります。
20点のダブルなら、20×2=40点。20点のトリプルなら、20×3=60点となります。

基本的な得点のルールは以上になります。一度まとめてみましょう。

  • 通常のシングル得点は1〜20点
  • 真ん中はブルと呼び、得点は50点
  • ダブル、トリプルに入ったら点数を2倍、3倍する

ダーツボードの基本的な仕組みはこの3つです。意外と簡単ですね!

トリプル20を狙ってはいけない理由

このルールを理解すると一つ気づくことがあります。
それは、ダーツの最高得点はブル(真ん中)ではないことです。
ダーツにおける最高得点は20のトリプル、つまりは60点なのです。(以下、トリプル20をT20と表記します。)

特別な雰囲気出しながら、ブルは最高得点じゃないの!?

と、私は初めて知った時は驚きました。
それどころか、ブルはT19、T18、T17にも点数が負けてしまう、微妙っぷり。

T20の方がブルよりも点数が取れるなら、T20を狙った方がお得じゃないかと、思う方もいるかもしれません。

しかし、実際にはみんなブルを狙って投げています。実はT20を狙ってはいけない理由があるのです。この理由について深掘りしていきましょう。

ターゲットの大きさが違う

ダーツボードを使ったトリプル20を狙わない理由の説明 ブルとT20をよく見比べてみてください。T20は想像以上に小さいはずです。
実はブルとT20の大きさには2倍ほどの差があり、これがT20を狙うべきでない理由の1つです。

狙う的が小さいほど難易度が高いのは、自然の摂理ですよね。
いくらT20が最高得点だったとしても、入らなければ意味がありません。

ミスをした時のリスクが大きい

いかなる達人でもミスをすることがあります。ダーツも例外ではなく、たとえプロでもターゲットから外してしまうことがよくあります。
ミスをしてしまった時の平均点にもT20を狙うべきでない理由が隠されているのです。

ブルを狙ってミスをしてしまったとします。
この場合は、どこに刺さるかは全く分かりません。1かもしれないですし、20かもしれません。
ある程度ダーツをコントロールできる人ならシングルの1〜20のどれかに刺さることでしょう。
つまり、ブルを狙って外した時の平均点は10点と言うことになります。

一方で、T20を狙ってミスをした時を考えてみます。
T20の周辺を見てみると、1点と5点に挟まれていますね。
ダーツボードは上手くできていて、高い点数の隣は低めの点数が配置されています。
そのため、T20を狙ってミスをしてしまうと低い点数になりやすくリスクが高いのです。
これがT20を狙ってはいけない2つ目の理由になります。

  • T20は的が小さく狙いにくい
  • T20の周りは点数が低く、外した時のリスクが高い

この2つの理由から、T20よりもブルを狙った方が点数が取りやすいため、みんなブルを狙うというわけです。

パーフェクトのプロがT20を狙う理由

T20を狙うべき理由を解説してきました。
しかし、ダーツプロの試合を見ていると、不思議に思う人もいるはずです。
例えば、こちらの試合を見てみましょう。(1:57あたりから)
www.youtube.com
ブルを狙わずに、T20を狙っています。

ダーツプロはダーツがメチャクチャ上手いから、ブルよりもT20を狙うべきなんだ!

私はダーツを始めた頃は、こう思いました。

では、次にこの試合を見てみましょう。(1:00あたりから) www.youtube.com
この試合では普通にブルを狙っています。
T20とブル、結局どっちを狙うのが正しいの?と当時は謎が深まるばかりでした。

ブル=50点は嘘!?

この謎の原因はダーツのとあるルールが絡んでいます。
先ほどブルの得点は50点と言いましたよね。あれは嘘です。
コマンドーあれは嘘だ 基本的にはブル=50点と思っていただいて構いません。
しかし、とある特殊なルール下ではこの常識が覆ります。
その特殊なルールとは「セパレートブル」。略してセパブルです。

セパレートブルとは?

セパレートブルの点数の計算方法 セパレートブルとは、ブルの点数を2つに分けるルールです。
セパレートブルでは、一番ど真ん中のブル(インナーブル)を50点。
インナーブルの周りのブル(アウターブル)を25点になります。
(ちなみに冒頭でお伝えしたブル全てが50点のルールは「ファットブル」と言います)

セパブル適用下ではブルを狙う価値がない

セパレートブル適用下ではブルを狙う価値が地に落ちます。
インナーブルの大きさはT20よりも遥かに小さく、1/3ほどの大きさです。
つまり、セパレートブル下ではT20を狙った方が得点の期待値が高く、効率がよいわけです。

プロ団体によってルールが違う

ダーツプロがT20を一生懸命に狙っている時は、ほぼ100%セパレートブルが適用されています。
現在、日本の大会ではファットブルとセパレートブルが混在しています。

例えば、プロ団体「パーフェクト」ではセパブル。
プロ団体「ジャパン」では大会によってセパブルとファットブルが変わります。
また、女子プロの試合ではファットブルが主流だったりします。

ここら辺のルールは団体によっても違うので、ごちゃついていますね。 プロの試合を観戦する時はセパブルとファットブルを見分けた上で観戦すると試合をより楽しめるでしょう。

セパレートブルとファットブルの歴史

ダーツのセパレートブルとファットブルの歴史 なぜ、セパレートブルとファットブルという2種類のルールがあるのでしょうか。

日本で主流のソフトダーツ(ダーツボードがプラスチック製)の元になったのがハードダーツと呼ばれるダーツがあります。
麻のダーツボードに針のようなダーツを使って投げます。

実はハードダーツではセパレートブルが主流なのです。 つまり、ダーツは元々T20を狙う競技だったということです。

そんな中、ソフトダーツはファットブルが基本ルールとして開発されました。
真ん中を狙う方が感覚的に分かりやすいし、ビジュアル的にも華やかなので採用されたのかもしれません。
しばらくソフトダーツではファットブルが主流となりました。

プロ団体「パーフェクト」がセパブルを採用

ダーツプロ団体パーフェクトのロゴ 長らくソフトダーツではファットブルが主流でしたが、プロ団体「パーフェクト」がセパレートブルを大会で採用しました。
ソフトダーツでは701(701点を先に0点にした方が勝ちのゲーム)がポピュラーなゲームですが、パーフェクトでは501を採用しています。

セパブル×501をパーフェクトが採用した真意は分かりませんが、

  • 他団体との差別化をしたかった
  • ハードダーツ進出のための布石として(ハードダーツではセパブル×501がスタンダード)

こんなところかな、と思っております。
何はともあれ、ソフトダーツのルールを広げた功績は大きいですね!

個人的にはセパブル、ファットブルの2種類のルールにはそれぞれの良さがあるので、今後も同時進行で進んで欲しいと思っています。
ダーツを始めたばかりの方は、ファットブルがメインになると思いますが、慣れてきたらセパブルにも挑戦してみると面白いですよ!お試しあれ。

まとめ|ダーツの得点

以上、ダーツの得点の基本とセパレートブル、ファットブルについての少し踏み込んだお話でした。
とりあえず、今回の得点ルールの基本を覚えておけば、ダーツを楽しむことができます。サクッと覚えて、ダーツを楽しんでみてください!

もっとダーツの得点について深く知りたい方のために、ダーツの裏ルール「マスターアウト」と「ダブルアウト」についてまとめた記事もあります。
ここまで知っておけば完璧です!ぜひこの機会にご覧ください。
ankokoko-darts.hatenablog.com