なよダーツ。

ダーツの総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!一緒にAフラ、AAフラを目指しましょう!

相棒「TiTOオリジナルバレル怠惰」とのお別れ|お前はまた新しいダーツァーを育てるのだ…

TiTOオリジナルバレル怠惰を友人に譲る

完全な私ごとですが。

私には大切なバレルがあります。

ダーツショップTiTOのオリジナルバレル「怠惰」。 

少し太めのストレートバレル。私の初のマイダーツでした。

 

怠惰は私がダーツ下手くそ時代から連れ添ってくれた相棒。

初めてカウントアップで500点を出した時も、当初目標としていたAフライトになった時も「怠惰」でした。

 

控えめなカット、初心者にも扱いやすい太さ、長さ。

そして私を立派なストレートバレル信者に育て上げたバレルです。

 

怠惰を友人へ譲る 

このたびは怠惰を友人に譲ることにしました。

最近、友人はダーツにハマってくれていまして、私とダーツを投げに行くときは必ず私の「怠惰」を使って投げていました。

彼曰く「これ、使いやすいよ!」とのこと。

 

最近は私自身が怠惰を投げていなかったのです(ゴメス9とバークレーばかり投げています)

このまま持っていても活躍する機会はほぼないでしょう。

色々と悩んだ挙句、ダーツに興味を持ってくれている友人に譲った方が怠惰にとっても良いのではないか?と思ったのです。

 

私を鍛え上げた怠惰。君は立派なコーチでした。

次は友人を鍛え上げてやってください。

 

友人に譲る準備

譲るということで、バレルクリーナーでピカピカに。(長いこと使っていたので完全にピカピカと言うわけにはいきませんが)

TiTOオリジナルバレル怠惰をステインリムーバーで洗浄した

 

セッティングも友人好みのショートシャフトにスタンダードフライト。

TiTOオリジナルバレル怠惰を友人に譲るためにセッティング

YES。完璧だ。

 

友人が自分に合うバレルが見つかるまで彼を鍛えてやってください。

その後はどうなるのかな。帰ってくるのかしら、さらに他の人へ渡っていくのかしら。

まぁ、達者でな。