なよダーツ。

メンタルがなよなよでもAフラになれます!初心者さんのためのダーツ上達のコツを紹介。私も一緒に成長していきます!めざせAフラ、AAフラ!

このダーツブログを始めた理由。「なよカエル」の自己紹介。

SPONSORED LINK

このダーツブログを始めた理由なるものを書いてみます。

ダーツにハマりだした頃から、無駄に積もっていくダーツの知識、気づき、馬鹿な話を吐き出す場が欲しかったのです。

 

本来ならばダーツ友と語り合うべきなのでしょうが、私にはそんな友人はいなかった!

基本的にぼっちなんですよ、私は。なんとも寂しいカミングアウトなんだ。

 

 

私の泥臭い努力、練習、浅はかな発見などを書いています。

そのため、万人受けするブログではありません。はい。

 

あくまで、私の自己満足と忘備録的なブログなので・・・。

ただ、無駄ではないはず。

日本は広い。

ごくごく少数でも私と同じような悩み、葛藤がある人がいるはず。(いなかったら完全に可哀想な人だ、私は。)

 

そんな人たちのちょっとしたヒントにでもなればいいなぁー、なんて思いながら書いてます。

 

 

私、「なよなよ」自己紹介。

なよカエル,



と言うことで、私を知ってもらおうのコーナーです。

あなたが何か共感できるものなどがありましたら、奇跡的に私のブログが役に立つかもしれません。

あなたが奇跡の人であることを祈って・・・。

 

ダーツを始めたきっかけ。

ダーツは大学生になって初めてやってみました。

初ダーツは終電を逃し、急遽行くことになったネカフェにて。

 

それから半年後、何の因果か本気でダーツを始めていました。

趣味が欲しかったのですよ。

  

ダーツの好きなところ

  • 1人でできる。
  • 必要な道具が少ない。
  • 家でも練習できる。

 

金はない、友達もいない、そんな私にはピッタリの趣味でした。

 

ダーツの嫌いなところ。

練習を怠ると急激に下手になることです。

私は趣味でダーツをやっているのです。毎日、何時間も練習できないのです。

それなのに練習を怠るとメチャクチャ下手になるって・・・。

 

趣味として何か大切なものが欠落してますよ、ダーツって。

 

追記:基礎の投げ方を身につけると最低限の練習でレーティングを維持できることを発見しました。ダーツって趣味として最強じゃね???

半年ダーツをサボったけど、レートが下がらなかった理由「基礎フォームの大切さ」 - なよダーツ。

 

 

あとは、ネカフェ、ダーツバーでダーツをすると服がタバコ臭くなることでしょうかね。

タバコの匂いは嫌いではないのですが、服についたら嫌いです。

 

「なよカエル」のダーツ歴 

2017年5月ごろにダーツを本格的に開始。

 

ダーツライブカードを買うも、ほとんど使わず1ヶ月間の練習。

 

初めてダーツライブカードを使ってみる。

その時のレートが7。

 

それから3ヶ月でレートが10に。Aフラ達成。

 

5か月目にレート11、12を達成。

AAにリーチがかかる。

 

引っ越し、学校が忙しくなりダーツのモチベダウン。

月1の練習になる。あっという間に転落。

 

2018年4月 レート10のAフラ

最近はダーツ熱が復活。

 

少し練習したらレートが11に。←今ここ

 

このダーツ歴って随時更新しないとですね。忘れそう。

 

ダーツの才能について

4ヶ月でAフラになりました、と言うと「お前は天才だ!」と褒めてくれる方がいますが、とんでもない。

 

毎日毎日休まずに、1日最低2時間の練習。(多い時では6時間とか)これだけやってれば、あなたも4ヶ月でAフラになれます。いや、3ヶ月でいけますよ、はい。

 

練習する前までは下手でしたから。

女に負けてましたから。

逆に言うと、本気で練習すれば誰でもAフラになれるということですね。

 

スタンス

スタンスは最初からクローズドスタンス。

途中、日本プロに憧れてスタンダードにしたり、ゲイリーアンダーソンに惚れてオープンにしたりしました。

長くは続きませんでしたが。

 

クローズの好きなところは、何も考えなくても同じスタンスをとれるところですね。

 シンプルで好きです。

 

身体的特徴

身長171cm

ダーツプロは身長が高い人が多くて羨ましいです。

逆に、私と同じような身長で強い、テイラー、ポール、村松選手を尊敬しています。

彼らがいなかったらダーツやってません。

 

体重50kg前後

やせ型です。肩パンされると2mくらい吹っ飛びます。

 

効き目、利き手

効き目は左、利き手は右です。

効き目をずっと右だと思っていました。それなのに左目をつむってダーツを投げていた時期がありました。アホです。

 

グリップについて

3フィンガーグリップ。

親指と中指で上下で支え、人差し指は添えるだけ。

グリップ混迷期にアンダーソンのグリップをまねしたら調子が良かったのです。

 

現在はグリップはあまり考えないようにしています。

深く考えれば考えるほど迷走してしまうのがグリップだと思っているので。

 

 

投げることについて

おそらくプッシュタイプです。

スウィングタイプに憧れるプッシュタイプです。

 

 

道具について(2018年5月現在)

f:id:ankokoko:20170805215521j:plain

バレル  ティトオリジナルバレル「怠惰」

ストレートのバレルを愛用しています。

最初に買ったのがストレートだったので、そのままですね。

 

最初にストレートバレルを選んだ理由?

なんか、カッコいいじゃないですか。ちょっとマイナーで。

というのは嘘で(あながち嘘でもないかも)、シンプルなストレート形状が好きなんです。

 

シンプルは一周回ってカッコいいと思います。

 

チップ  コンドルチップ

コンドルチップ愛用者です。

コンドルチップアルティメットを使っていた時期もありましたが、現在は普通のコンドルチップ。なんとなく赤色が好き。

 

フライト  コンドルフライト スタンダード

コンドル信者なんですかね。

始めたセットにコンドルが入っていたからでしょうね。

長持ち、安心です。

これと言って不満がないんです。

 

巷ではコンドルフライトは「ダサい」とか言われてますけど、そんなことないと思いますよ。

むしろ、ゴチャゴチャとデザインが描いてあるフライトが私から言わせると「ダサい」です。

 

ただ、最近はPDC選手に憧れて紙フライトも気になっています。

 

道具についてはこの記事で熱く語っています。

4か月間守り抜いてきた私のダーツのセッティングを熱く語るよ。 - なよダーツ。


その他の道具

必須な道具が少ないのがダーツの良いところ。

しかし、ハローズのフィンガーグリップは必要です。

精神安定剤なので。

 もはや精神安定剤|ハローズのダーツ専用滑り止め「フィンガーグリップ」 - なよダーツ。


 

好きなプレーヤー

私はダーツを始めた頃から海外のプロプレーヤーばかり見ていました。

私の投げ方が変なのは多分そのせい。(言い訳)

 

ゲイリーアンダーソン

f:id:ankokoko:20180509151348j:plain

出典:http://www.newdartslife.com/player_interview/043.html

 

私のダーツの基盤には彼がいるのだと思います。グリップ、立ち方、投げ方、すべてが好きです。

ダーツのモチベーションが下がっても彼のスローを見ていると、やる気のボルテージが爆上げされます。それくらい好き。

 

 

フィルテイラー

f:id:ankokoko:20180509151809j:plain

出典:https://twitter.com/bokuchinhageyan

 

彼が嫌いな人なんているのでしょうか。

日本人に馴染み深い丁寧なフォームはやはり私も好きです。

あと、とてもかわいい。おちゃめなフィルおじいちゃん。

 

マイケルスミス

f:id:ankokoko:20180509152207j:plain

出典:2018 William Hill PDC World Darts Championships - Day Tenの写真およびイメージ | ゲッティイメージズ

 

セットアップがないのにもかかわらず、洗礼された丁寧なスローが好きです。

テンポが速いダーツも観ていて楽しいです。

アンダーソンの弟子と知ってからは好感度アップ。

息子を愛するナイスパパ。

 

 

他にも好きなプレーヤーはいくらでも。外国人選手がとにかくクールで好きなんですよねえ。

ウイットロック、ルイス、ピーターライト、バーニーあたりも大好きですねぇ。

 

最期までお付き合いいただき、ありがとうございました

ダラダラと書きましたが、何ですかこの自己紹介は。

生き恥を晒しているだけではありませんか。

 

何かに共感してくれた方には是非ともこのブログを読んでいただきたいですね。

時々更新していくので、たまーに見に来てくれたら嬉しいです。

いや、うそ!毎日見に来てくれてもいいんですよ!(笑)

 

追記:ツイッターはじめました。慣れていないので正直よくわからんですが、フォローしてくれたら嬉しいっす。だらだらーっとダーツのことについてつぶやきますね。