なよダーツ。

ダーツの総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!一緒にAフラ、AAフラを目指しましょう!

ジョーカードライバー【ゼロフライト】レビュー|飛び心地はトップクラス!しかし……。

ジョーカードライバーのゼロフライトのレビュー

最近、成型フライトばかりを使っているような気がしますが…。
前回の投げ会にて参加者の方から教えていただいた、ジョーカードライバーの成型フライト「ゼロフライト」。
私も気になっていたので買ってみることにしました。
ということで、ゼロフライトのレビューをお届けします!

ゼロフライトとは? 

【ジョーカードライバー】

ゼロフライトは日本の高級ダーツブランド「ジョーカードライバー」が販売する成型フライトです。

ジョーカードライバーなんだからお高いんでしょ?と私も思っていたのですが、実はかなり良心価格なのです。
ジョーカードライバーってバレルこそ高いものの、ダーツ用品は意外とリーズナブルだったりするんですよね。

ゼロシリーズの価格 

ゼロフライトの定価は800円。
ただ、実質ダーツショップでは500円ほどで売られています。
私も500円で購入しました。

ゼロシャフトは5本入って500円。これまたすこぶる安い。
シャフトに関しては近々別記事でまとめようと思いますが、安いのに超ハイクオリティ。とんでもないナイロンシャフトを見つけてしまった感があります。

カイト系の形状が豊富!

ゼロシリーズはフライト形状が豊富です。

ジョーカードライバーのゼロフライトの形状6種類

  • スタンダード
  • シェイプ
  • スリム
  • FF
  • ファンテール
  • ファンテールスリム

上記の6種類を取り揃えています。

FF、ファンテール、ファンテールスリムはカイト系のスリムフライト。
流石はジョーカードライバー、なんというか玄人っぽいフライト形状が多いですね。
他の成型フライトと差別化ができています。

無色(クリアカラー)もあるよ! 

ゼロフライトは数少ないクリアカラーをラインナップに揃える珍しい成型フライトでもあります。
今日話題のコンドルアックスで透明なフライトの使いやすさに目覚めた人も多いことでしょう。
私もコンドルアックスにてフライトが透明であることのメリットを感じたので今回はクリアカラーのゼロフライトを買ってみました。

コンドルアックスほどではないものの、思った以上に透明です。

ジョーカードライバーのゼロフライトのクリア

透かして字が読める程度には透明。グルーピングした際にもターゲットの視認性が高まります。
そして素材の特性上、クリアカラーが長く続くのも特徴です。
コンドルアックスは透明の純度は高いですが、使うとすぐに傷が入り透明さが失われていきますからね。  

ゼロフライトの仕組みは?

ゼロフライトの構造は、マスターフライトに似ています。
シャフトへの差込口の周りをプラスチックで覆った構造ですね。
これによりカマ掘りを防ぐことができます。

いろんなシャフトにも対応しているのがこの手のフライトの強み。
もちろん、ジョーカードライバーのゼロシャフトにも使うことができますが、他のシャフトでも使える懐の広さがGOOD。

ゼロフライトをレビュー

ZEROフライトとZEROシャフトのセッティング例

使ってみた感想を正直に書き連ねていきましょうか。
ちなみに私が購入したのは、ゼロフライト(プラクティス)のスタンダード形状です
では、いってみましょう。

軽い。薄い。柔らかい 。

ゼロフライトは持った瞬間に驚きました。
軽くて、薄くて、柔らかいのです。
これらの特徴はダーツの飛ばしやすさ、そしてグルーピングに直結します。

軽いほどダーツの飛びがバレルの本来の飛びの邪魔をしませんし、薄くて柔らかいとそれだけグルーピング時に有利です。
私も投げていて、グルーピング時にフライトによって弾かれることは滅多にありませんでした。

耐久度には難あり 

一方で、耐久度は紙性能であることをお伝えしなくてはなりません。
薄くて柔らかい、つまり壊れやすいのです。

私は落下時の衝撃で裂けてしまいました。時間にすると3時間ほど。
一応、裂けた後も使えてはいますが、壊れるのは時間の問題でしょう。耐久性としては少し心許ないと感じました。

耐久性を取るか、飛びを取るか?

成型フライトの開発って本当に難しいでしょうね。
ダーツ本来の飛びやグルーピングを考えると、フライトは薄くて軽いに越したことはありません。

ただ、そちらを追求しすぎると耐久度が弱くなってしまう…。このジレンマがあります。
成型フライトはどこでバランスをとるか?何を妥協するか?というところで特徴が出てきます。

おそらくゼロフライトは飛びとグルーピングにこだわった成型フライト。
その代わり、耐久性を捨てたフライトになっています。

耐久性を切り捨てただけあり、飛ばしやすさとグルーピングの良さは本物。
投げていて本当に気持ちの良いフライトだと感心しました。

ゼロシャフトとの相性

公式サイトによるとゼロシャフトによって効果が最大限に発揮されるという記載がありました。
ということで、ゼロシャフトとの組み合わせに挑戦。

ジョーカードライバーのゼロシャフトとゼロフライトの組み合わせ

ZEROシャフト+ZEROフライト

付けてみると確かにぴったりとハマります。ガタつきもなく、良い精度だと思います。

ただ、意外と緩い。

落下時に結構外れます。うーん、意外とストレス。
リング系を使って外れにくくすることも出来ませんし、どうしようもない。
正直、そこまで相性が良いとは思えませんでした。残念。
探せばゼロフライトともっと相性の良いシャフトがありそうです。

無色のフライトの弊害

そして私はクリアカラーのフライトなので、フライトが外れた場合よく消えます。

オンライン対戦中に外れて、フライトを探すも見つからず、焦って他のバレルで対戦続行ということが度々起こりました。
特に、暗い店内&タイルっぽい床の時は圧倒的ステルス性能を見せてくれて探すのも一苦労。

クリアカラーのフライトというのは一体型だからこそ恩恵が受けられるものなのだと実感しましたね。

ゼロフライトの総評

総評としてはゼロフライト、個人的には5点満点中3点といったところでしょうか。
飛ばしやすさとグルーピングに特化したゼロフライトは確かに魅力的です。
ただし、コスパ面を考えると常用は難しそう、というのが率直な感想です。

ここら辺は人それぞれの判断基準、金銭感覚にも関わってくるのでぜひ一度試していただきたい。
何度も言いますが、飛ばしやすさはピカイチです。

【ジョーカードライバー】