なよダーツ。

ダーツの総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!あなたの上達のヒントになれれば嬉しいです。Aフラ、AAフラを目指しましょう!

ハローズのプロチップは柔らかめのシンプルチップの実力はいかに??

SPONSORED LINK

ダーツのハローズプロチップをレビューしてみた

ダーツのチップ、何を使っていますか?

コンドルチップリップポイント?有名なところではこの2種類だと思うのです。

しかし!私の新たな試み。ちょっとマイナーなチップを使ってみよう!という謎企画が勃発。

今回注目したのはハローズの「プロチップ」。詳しくレビューしますよ!

 

 

ハローズは胡散臭い

こんなこと言ったら怒られるだろうな。

私は何となく、ハローズを信用していなかったのです。ハローズといえばアサシンというバレルが有名ですよね。

ただ、この安さが逆に怪しい。しかも、ハローズはイギリスのメーカー。(外国のメーカーは作りが雑だったり)

そして何よりもドンキホーテに売っているという胡散臭さ(笑)

そんな理由から私は何となくハローズを信用していなかったのです。

 

しかし、そんな偏見は覆りました。それこそがハローズの形成フライト「クリックフライト」。

丈夫でストレスフリー、そして安価と非の打ち所がないクリックに私は魅了されたのです。

もしかしたら、ハローズ製品は隠れた名品がまだ隠されているかもしれない、そう思ったのがハローズのチップ「プロチップ」を買うきっかけになりました。

 

プロチップはシンプル

ダーツのハローズのプロチップの特徴

プロチップを見てみるとわかりますが、非常にシンプルなデザインです。余計な装飾は全くありません。

 

シンプルだからと言って侮るなかれ。

実はプロチップは表面にサラサラとしたマット加工がされているのです。これが気持ちいい。加工のおかげで滑りにくいのでチップ指かけ派には嬉しいかも。

根元からの傾斜が少し急なのが、好みが分かれるかもしれません。

 

プロチップは柔らく長持ち

最近のチップは硬いことを売りにしている製品が多いのです。そんな中で、プロチップはかなり柔らかめ。

少し心配になるほどの柔らかさだったのですが、この柔らかさのおかげか全く折れないのです。

衝撃を柔からさが吸収してるんでしょうかね?本当に折れにくい。

しかも、歪みにくいのも長持ちするポイント。

 

その代わりに、柔らかさのせいなのか超グルーピングを発揮した時に弾かれてしまうことが多々あるような気がします。

すでに刺さっているダーツに負けてしまうといいますか。

 

まぁ。これは投げ方、バレルとの相性もあるので一概には言えませんがね。(私の気のせいという可能性も十分にあり得る)

 

プロチップは抜きやすい

チップは兎に角刺さりやすさを重視します。投げたダーツが弾かれるのはストレスが溜まりますからね。

しかし、実は抜きやすさも非常に大切なのです。

 

リップポイントハイパーポイントはチップの使い始めが抜きにくいのです。

抜く時に多大な労力が必要なので意外とストレス。

一方でプロチップはマットな加工のおかげか、柔らかさのおかげか、使い始めから抜きやすい。

個人的には非常に嬉しいポイントでした。

(なぜかダーツライブ200Sとの相性は悪かった。めちゃくちゃ抜きにくい(笑))

 

 

シンプルデザイン+柔らかさとちょっと万人受けするチップではない「プロチップ」。

けど、私は好きですねー。特にマットな質感がイイ!

ハローズ。私の常識を覆してくれるダーツメーカーですね。どんどん好きになっちまうよ。