なよダーツ。

ダーツの総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!一緒にAフラ、AAフラを目指しましょう!

マイナーな一体型【シームレス】レビュー|コンドルフライトと徹底比較

世界一コスパの良いダーツフライト&シャフトを考えたときに、私は「コンドルフライト」だと思っております。
シャフトとフライトが一体型になっており、非常に耐久度が高い。

一体型フライトの最強ブランド「コンドル」に埋もれている少しマイナーな一体型フライトをご存知でしょうか?

プテラファクトリーから発売される「シームレス」です。

今回はそんな少しマイナーな一体型フライト「シームレス」をレビューします!  

シームレスとは?

【プテラファクトリー】

シームレスはプテラファクトリーというブランドが発売する一体型フライトです。
プテラとはプラスチック+テクノロジー+ラショナル(合理的)という3つの言葉を掛け合わせた造語みたいです。

「プテラファクトリー?聞いたことのないブランドだな。」と思ったのですが、かの有名なブルレンジャーを作っているメーカーでもあります。

なんだか急に親近感が湧いてきますね。
そんなプテラファクトリーからの一体型フライト「シームレス」。期待が高まります。

一体型フライト「シームレス」レビュー 

さっそくシームレスを見ていきましょう。パッケージはこんな感じ。

ダーツの一体型フライトプテラファクトリーのシームレスのパッケージ

透明感のあるシンプルなプラスチックケースに収納されています。

私が今回購入したのは、一番ノーマルタイプであろう、シェイプ型のインビドです。
色はホワイトをチョイス。 

ダーツのプテラファクトリーの一体型フライトシームレスの全体写真

シェイプ(インビド)のスペックは以下の通り

シャフト間の長さ 22.5mm
重さ 1.69g

公式サイトには前作よりも0.2mmの厚さアップと記載されている通り、結構重め。(コンドルのスモール(インビド)の重さは1.4gほどです)
全体的な素材感はツルッとしたTHE プラスチックという感じ。

素材はかなり硬めで肉厚

素材は硬めで肉厚です。
例えるなハウスダーツの一体型フライトに近いなぁと思いました。

ハウスダーツの分厚くて硬いフライトが好きな人は買ってみる価値があるかも。(そんな人いるかな…?笑)

シャフトは若干柔らかい?

シャフト部分は一見、普通のプラスチックシャフトなのですが触ってみると不思議な感じ。
ちょっとだけ柔らかいのです。力を込めれば少しだけ曲がる、そのくらいの柔らかさ。

シャフトとフライトのつなぎ目 

硬さの他にも、形状がコンドルフライトと異なる点が。
一番気になるのはシャフトの後方。

コンドルフライトとシームレスの根元部分の作りの違い

コンドルフライトはグルーピングが良くなるようにとシャフト部分に溝を作っています。
一方でシームレスはシャフト根元が盛り上がっている形。
果たしてグルーピングに有利なのはどちらなのでしょうね?要検証です。

コンドルよりも安い!

実はコンドルと比べた場合、シームレスの方が価格は安めです。
シームレスは税抜き600円。コンドルは税抜き834円。
価格差なんと200円。結構大きいですよね。
これは耐久度によってはシームレスが大化けする予感…!

【プテラファクトリー】

シームレスが向いている人

コンドルフライトとの一番の違い「硬さ」。
硬さがの好みがコンドルフライト派になるか、シームレス派になるかの分かれ目になると思います。
シームレスが向いているであろう人をご紹介します。

1.シャフト部まで握り込む人 

グリップする時にシャフト部まで握り込む人、そんな人はシームレスが向いているかもしれません。

コンドルフライトは柔らかさのせいで、シャフトまで握り込むと違和感があるんですよね。
私の知人もコンドルのシャフト部が柔らかいからコンドルは使いたくない!と言っていました。

シームレスはシャフト部分も硬めなので違和感なく握り込めると思います。

2.バレルを後ろ重心にしたい人 

バレルの後方に重さを持っていきたい人にも有効でしょうか。

シームレスはフライト部が厚く重いので、少しバレルのバランスが変わります。
重心を少し後ろに移動させたい人には良いかもしれません。

3.ハードダーツをする人

そしてハードダーツに一体型フライトを使いたい人ですね。

ハードダーツでは柔らかいコンドルフライトは相性が良くありません。(柔軟性から弾かれる)
硬めのコンドルフライトも開発中ですが意外と難航しているようで…。
今のうちにシームレスがハードダーツでの一体型フライト市場を抑えられるのでしょうか…?

追記:ついに硬いコンドルが発売されましたね。
発売当初はすぐに折れるなどのトラブルも多かったのですが、改良もされて安定した品質になったとか。気になる人はチェックしてみてください。

ankokoko-darts.hatenablog.com

シームレスの弱点?

シームレスの弱点はやはりラインナップの少なさでしょう。
対抗馬であるコンドルフライトは一体型フライトでありながら、フライト形状が豊富、そしてデザインも豊富です。

一方のシームレスはフライト形状はスタンダードとシェイプのみ。

カラーやデザインも控えめです。
私はシンプルかつフライト形状はシェイプかスタンダードが使えれば良いので問題ありませんが、こだわりがある人にはマイナスポイントになると思います。

壊れ方が未知数

シームレス、壊れ方が全く予想できません。
コンドルフライトは柔らかさ故、ネジ山がダメになったり、フライトが変形してしまったりして替え時という感じ。

ただ、シームレスは硬い素材なのでコンドルのような壊れ方はしなさそう。
シャフトが折れるのか、フライトが裂けたり割れたりするのか?非常に興味深いです。

壊れ方、耐久度に関しては後日追記したいと思います。楽しみです。

追記:シームレスの耐久度

さて、シームレスを使うこと2週間…。ついに壊れてしまいました。

一体型フライトシームレスの耐久度

壊れ方は落下による、バレル根元部分でのシャフトの中折れ。
やはりコンドルと違って固い素材を使っているので、通常のシャフトのような折れ方をしてしまいましたね。 
故障率は0.0129(件/時間)となりました。
通常のナイロンシャフトよりは長持ちしたな〜という印象。

シャフト部分こそ折れてしまったものの、フライト部分はまだまだピンピンしております。
少し削れてしまってはいますが、歪んだり、裂けたり等はありません。落下しなければまだまだ使えたことでしょう。

大化けなるか!?「シームレス」 

以上、硬めの一体型フライト「シームレス」のご紹介でした。

一体型フライトシームレスと風車斬りのセッティング

コンドルよりは耐久度が劣るという結果になりましたが、

  • 価格の安さ
  • オンリーワンな硬い一体型フライト

ということもあり、価値のあるフライトだと感じました。
ぜひ一つの選択肢として加えてみてください!

【プテラファクトリー】