なよダーツ。

ダーツの総合ブログ。ルール、技術、道具などダーツまみれの記事を書いています!一緒にAフラ、AAフラを目指しましょう!

トルピードからストレートバレルへの橋渡しに最適!?「アナスタシア2」がロングストレートなのに投げやすい!

モンスターのダーツバレルアナスタシア2をレビュー

第一回やけに真面目な投げ会でフォロワーさんにいただいたバレル「アナスタシア2」。

「なよさんに合ってると思いまして!」と言っていただいたバレルですが、すこぶる調子が良いのです。

今日はそんなアナスタシア2についてインプレッションします。

アナスタシアって誰?? 

アナスタシアはロシアの女子プロ。主にハードダーツをメインに活動しています。

ダーツアナスタシア

出典:http://monster-darts.jp/barrels/anastasia_2ba.html

 BDO、PDCなどの権威のある大会にも出場経験があり、その実力は折り紙つき。(BDOでは3度の優勝を経験しています。)

女王として長いこと女子ダーツのトップ層に君臨しています。

 

最近では鈴木未来選手との熱い戦いを繰り広げたりと、日本での認知度も高まっている選手と言えます。

投げ方も非常に綺麗で参考になるのですが、それはまた今度…。

さて、アナスタシア2の話に戻しましょう。

 

アナスタシア2のスペック

全長 最大径 重さ
49mm 6.5mm 18g

ゴールド加工が綺麗なバレルですね。今までシルバーばかりを使っていたので私の中でも斬新で見ていて楽しいバレルです。

長いのに長くない!?

全長49mmのロングストレートです。

このバレルの非常に不思議な点ですが、49mmという長さを感じないのです

私の知人にトルピードバレル信者がいます。

ショートタイプの太めのトルピードが好きな人なのですが、アナスタシア2を投げさせてみたところ「おかしいな?投げやすいぞ?」と本人も不思議そうでした。

前重心ストレートなのが良い

ロングストレートバレルなのに投げやすい理由は前重心であることです。

アナスタシア2の前重心の秘密は前の膨らみ

まずは前方の膨らみのおかげですね。 

後方のストレート部よりも一段高くなっています。

イメージとしてはトリニダードのサンをマイルドにした感じでしょうか。

 

そして、後方のシャフト挿入部が大きくくり抜かれています。(中身が詰まっていない)

この2点のおかげで前重心を実現。

これらの工夫によりロングストレートなのに長さを感じさせない投げやすいストレートバレルとなっています。

 

個人的にはトルピードバレルからストレートバレルの良い橋渡しになりそうなバレルだなぁと。

ストレートバレルに興味を持った方はアナスタシアから入るとズブズブとストレート沼にハマっていってくれることでしょう。 

前持ちにも対応

アナスタシア2のグリップは前持ち対応

ノーウッドを投げていた時の副産物で最近はバレルの前持ちにハマっております。

アナスタシア2は中央部をグリップすることを前提としていると思いますが、前を持っても良い感じ。

前重心のおかげで前持ちをしても飛びに芯があり、しっかり飛んでいってくれます。気持ちいい。

 

ゴメス9はこうはいかないのですよ。そのため、最近はアナスタシア2の活躍頻度が高いのです。

本当はゴメス10を買おうと思っていたのですけどね…。

アナスタシア2が思った以上に投げやすく、もう少し仲良くなりたい願望があるのでゴメス10の購入は見送り。なんて罪深いバレルなんだ!(笑)

 

アナスタシア2のカット

アナスタシア2で気に入ったのは2つのカット。

前方の縦カットと中央部のV字カットです。

縦カットってどうなん?

アナスタシア2の縦カット

縦カットのバレルはほとんど使ったことがなかったのですが、これはこれでいい感じ。

リングカットを入れるほどの強いカット感は必要ないけどノーグルーブでは寂しい時にぴったりですね。

ビジュアル的にも近未来感が出て好きです(笑) 

17連のV字カット

アナスタシア2のV字カット

最初は普通のリングカットなのかと思っていたのですが、「カットのかかり方が強いな〜」と思っていたら案の定、普通のリングカットではありませんでした。

「V字カット」だそうです。

V字カットはリングカットよりも深く抉るようなカットになります。

強めのカットが欲しい人は良いかもしれません。

 

重さはもう少し重めが好みかな? 

一つだけワガママを言いましょう。

重さがもう少し欲しかったですね。アナスタシア2の重さは18g。

個人的にはもう少し重くても良いですね。

49mmの全長を考えると20gほどあってもよかったのでは?長さの割に軽いなぁと思いました。

ただ、この点に関しては慣れれば全然問題ありません。

 

18gは世間一般的には丁度良い重さなので、扱いやすいと思います。

やっぱり、トルピードからストレートへの橋渡しとして優秀なバレルです。

 

悲報:アナスタシア2は入手困難

ここまで絶賛しておいて何ですが、現在アナスタシア2は非常に手に入りにくくなっています。

アマゾン、楽天、各ダーツショップを探してみましたがどこも品切ればかり。

というのも、結構古いモデルなんですよね…。

現状、手に入れたいと思ったら中古を探すか、店頭で見つけるかの二択です。うん、残念。

 

ただ、アナスタシアの新しいモデルもあります。「アナスタシアグローバルワークス」。

全長は前作よりも2mm短くなっていますが、コンセプトとしては変わっていません。

前方の膨らみ、縦カット、Vカットもしっかりと継承されています。

アナスタシア2が気になった方は是非とも、グローバルワークスもチェックしてみてください!

私も近々試し投げしてみたいと思います。

 

結び:のびさんへの感謝 

ダーツバレルアナスタシア2のセッティング

最後に、アナスタシア2を私にくださった「のびさん」に感謝の言葉を。

 

優れたバレルをくださって本当にありがとうございました。

「なよさんに合っている気がする。」と言ってくださった時は、なんだか嬉しかったです。そして、見事にマッチするのびさんの洞察力よ…。

大切に使わせていただきます。ありがとうございました!